タイのおすすめの島を在住者が解説


※以下はタイ移住者の読者さんからの投稿

タイのおすすめの島なんですけれども、タイにはたくさん島があって、私は滞在中、いろんな島に行ったんですけれども、日本人にとって有名な島というとやっぱりプーケットなんでしょうね。

プーケットはバンコクから飛行機で行ける島ということで、行きやすさにおいておそらく日本人の方は観光でたくさん行かれるかと思うのですが、実はあまりお勧めしなくて、海もあまりきれいではないですし。

夜、遊ぶところはたくさんあるんですけれども、やっぱりタイに行ったらもっときれいな海を見てほしいなと私は思っています。

まあお時間がありましたらという話なんですけれども、まずタイでバンコクから一番近く行ける島というのがラン島というのがあります。

バンコクからバスで2時間、パタヤまで行きましてそこから船で一時間のところにあるのがラン島。

パタヤの海は本当にきれいじゃないんですけれども、そこから一時間、船で行っただけなのにこんなにきれいな海が見れるんだっていうくらいラン島の海はきれいです。

ラン島では泊まることが出来ないわけではないんですけれども、宿泊施設はあっても小さい島なので、パタヤで夜を過ごして昼にラン島に行かれるのが良いかと思います。


次にバンコクから近い島がサメット島と言いまして、バンコクからバスで4時間ですね。

サメット島はタイの地元の人たちがよく口にする島なんですけれども、バンコクに近いですし、簡単に行けて安いということで、タイ人の中では人気があります。


少しまたお時間があったら、ちょっと遠めなんですけれども、チャーン島、タオ島、それからパンガン島。

こちらは本当に何にもない島ですが、海は本当にきれいです。

タオ島なんかは飛行機で行けるので簡単に行けると思うのですが、タオ島で一番有名なのがダイビングですね。

海がきれいということと、あとタオ島は雨季でも雨が降らないということで、ダイビングのシーズンが他の島よりも長いです。

ですので、ダイビングで楽しみに来ている観光の方も多いです。

あとは、パンガン島はビーチパーティーですね。

ムーンパーティーと呼ばれているんですけれども、そのために世界中から何百人も若者たちが集まって、夜にビーチでパーティーを開きます。

それがとても有名です。

あとはサムイ島と言って、プーケットほどではないのですが、タイで2番目に大きい島がとても有名です。

サムイ島はゴルフですとかマリンスポーツ、ジェットスキーとかそういったものが楽しめるので、そちらの方も楽しいかと思います。


タイと言えば大都市のバンコクや古都のチェンマイが有名ですが、美しく澄みきった海もありますし、ムーンパーティーで盛り上がる島もあります。

リゾートに行ってもご飯が美味しい国ですし、基本的に治安も良い場所なので、日本人にももっと足を運んでもらいたいですね。

旅行に使える時間によって、船を使わずに飛行機で行ける島を選ぶとか、ラン島のようにスワンナプーム空港から直接迎える場所にするとか、色々使い分けも可能です。




本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ