電子書籍プレゼント

ソンテウを使って1日でチェンマイの観光をしてきた




チェンマイの観光というと、メインはやはり寺院巡り。

それ以外にも、ナイトサファリやゾウに乗る体験をしたり、北の方に足を伸ばしてチェンライまで日帰りで往復をするとか、あるいは現地でタイ料理を学ぶ企画があったりとか、アスレチックツアーのようなものが用意されていたりとか、様々な楽しみ方がある。

私が滞在していた時には、De Chai the Deco Hotelで見かけたチラシにミュージカルを上演するというお知らせもあったし、フライト・オブ・ザ・ギボンというサービスでは、熱帯雨林の中でちょっとしたアドベンチャー体験ができるらしい。

他にもキングコブラのショーがあったりトリッキングができるとか、マッサージやスパを格安で受けることができたりと、かなり様々な楽しみ方がチェンマイにはある。

ひとまず今回は寺院を中心に周り、それ以外にもナイトバザールを見たりしてきたので、そこら辺の観光について記録しておこうと思う。

まず最初に行ったのは、WAT SUAN DOKというお寺で、こちらはチェンマイの寺院の中でも、最も大きい部類に入る。

ホテルから比較的近かったので、ここまでは歩いていった。

境内には5匹ほどの犬が寝そべっていて、のんびりとした雰囲気。

白い塔が数多く並んでいて、巨大なお寺がそびえている。

帰りにはちょうど虹を見ることができ、そこから北の方に歩いていって、HUAY KAEWロードという大通りに出てから、ソンテウを拾った。

ソンテウは乗り合いバスのようなもので、フィリピンでいうところのジプニーに該当する。

それぞれ路線が決まっているので、タクシーのように手を上げて停まってもらい、ドライバーに行き先を言うか、もしくは地図で場所を示してそこに行くかどうかを確認することになる。

とりあえず市内中心部の方まで行けば、後は歩いて色々見ることができるので、中心部の北西にあるパワーバイという家電量販店を指さして、そこまで連れていってもらうことにした。

そこからはまず、北側にあるお寺を見て回ろうということで、WAT LOK MOLEEという寺院に行き、運河を渡ってWATNONTHIANとWAT KUAW KHA NAに行ってきた。

この道を渡るのが一苦労で、信号もないし交通量が多く、1回運河を挟んで道を渡っても、もう1回そこから道路を渡らないといけないので、5分ほどかかった。

その後も北側の寺院を制覇していこうということで、WAT CHIANG YUENと、WAT PA PAOを見て回った。

そこから少し戻って、RAJAPAKINAAIロードを南下し、WAT CHIANG NANというお寺を見てきた後に南下して、WATCHAWITHIロードを右折、そこから少し道に迷ったが、無事にThree Kings Monumentを見つけることができた。

ここは中国人観光客がごった返していて、あまり落ち着いて見られるような雰囲気ではなかったので、さっさと立ち去ることにして、PHRAPOKKLAOロードを南下し、WAT PAN TAOと、WAT CHEDI LUANGを見てきた。

このWAT PAN TAOは赤レンガで外壁ができていて、チェンマイの他の寺院とは少々趣が違っていた。

さらにWAT CHETI LUANGの方は、古墳を思わせる巨大な塔というか、独特な建造物があり、お寺だけではなくて、そちらもかなり異彩を放っていた。

そこから再びThree Kings Monumentの手前まで北上して、INTHAWAROROTロードを左折して西に進み、そこからまた左折をして、WAT PHRA SINGHというこれもまた大きな寺院を観光してきた。

ここの特長は、トゥクトゥクが境内まで乗り入れられるようになっているので、道を歩いていても落ち着かないし、とても空気が悪い。

とはいえ、建物はさすがに立派で、チェンマイを代表する寺院の一つとなっている。

ここでまたソンテウを拾ってナイトバザールに行こうとも思ったのだが、先程のHUAY KAEWロードからの場合と違って、どのソンテウがどこに行くのか、全く見当もつかず、結局トゥクトゥクを使ってナイトバザールに行くことにした。

とはいえ、到着した段階ではまだ陽も暮れておらず、このままナイトバザールを見ていくのもなんだったので、少し川沿いを歩くことにした。

途中、WAT UPPAKUTというお寺を少し見てから、NAWARATブリッジを渡り、ピングリバーを眺めながら、しばらく川沿いを歩いた。

このピングリバーは泥の川で、メコン川のような雰囲気がある。

決して綺麗な川ではないものの、肥沃な大地を育んでいるという感じがして、おそらくタイの人々の生活にとって、歴史的にも欠かせないものであったであろうことを、うかがわせる佇まいがある。

そこから中華街を抜けて、再びナイトバザールに戻ってきて、観光の前に食事を済ませておこうということで、ブリトーとマンゴースムージーを飲んで、腹ごしらえが出てきたところで、ナイトバザールに入ることにした。



チェンマイのナイトバザール

まだ時間が早めだったこともあり、開いていない店もあったが、その場で実際に絵を描いている場面を見ることができる画商というか、絵画を売っている人達がいたり、仏像やタイの灯篭、ガラス細工で出来た像、刺繍の入った小物入れや、民族衣装的な服や靴、伝統的なデザインのバッグや扇子、ロウソク立て等が並んでいた。

バーも入っているので、ここで飲んでいくこともできる。

ナイトバザールの向かいには、ナイトバザール2という分かりやすい名称の場所があり、そこにはマッサージ店も入っていた。

チェンマイは市内でも1時間200バーツほどでタイマッサージを受けられるが、このナイトバザールでは150バーツということで、さらに安くなっていて驚かされた。

日本円で言うと550円くらいで、1時間しっかりとマッサージをしてもらえることになる。

1日観光で歩き回って疲れていたが、タイマッサージやフットマッサージよりは、背中や肩や頭のマッサージをしてほしかったので、200バーツでそれをしてもらうことにした。

ひとまずこの日の観光を終了してホテルに戻ろうと思ったが、ナイトバザールの前は一方通行らしく、ソンテウを拾うことはできない。

適当に市内の中心部の方に歩いていき、そのまま徒歩でホテルを目指そうかと思ったが、それらしい方向に行くソンテウを捕まえてみたら、案の定ホテルの近くに行くということだったので、地図を出してセントラルデパートメントストアーを指さし、そこまで連れていってもらうことにした。

こうして主なチェンマイ観光は終わったが、これ以外にも別の日に行ったMAYAというショッピングモールの最上階から見るチェンマイの風景も、なかなか悪くなかった。

絶景と讃えられるほど素晴らしいものでもないが、屋上がかなり良い雰囲気になっているので、食事をしたり、軽くバーで飲むのにもいいし、一応チェンマイの町をざっくりと眺めることはできるようになっているので、時間があれば行ってみるのもいいと思う。

ちなみにこのMAYAの地下には、ルンピニスーパーというスーパーマーケットが入っていて、そこで色々と買物をしたりすることもできるので、3週間の滞在の中で、何度もお世話になった。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ