バンコクの海野家(UMINOYA)へ【シーロム・スリウォン通り】 



シーロムのタニヤ通りを抜け、
スリウォン通りを西へ移動。

道を渡った先に海野家
(Uminoya Seafood BBQ & Izakaya)を発見。

ちょうどTawanaホテルの敷地の端にある。

昼食を食べる店を探していたところだったので、
ここに入ってみることにした。

それにしても、スリウォン通りは間が悪いと渡りづらい。

タニヤ付近でランドリーを探しているのだが、
それらしい店も見つからない上に
道の向こうに渡るのも時に一苦労。

もちろん、ジャカルタやホーチミン程大変ではないが。

4月に入ろうとしているバンコクは日差しも強く、
気温も高くて立っているだけで体力が削られていく。

とは言え、目の前に良さげな和食レストランがある以上、
海外居住者としては試してみたい。

すでに今回のバンコク滞在も半月以上が過ぎたので、
行くなら今のうちだろう。


ということで、無事スリウォン通りを渡り、海野家へ。



日曜日のためか店内は空いていたが、
店員さんの活気のある声に迎えられた。

店内は和風な作り。




メニューをめくると、
「お昼の定食」としてランチメニューも提供されていた。



うなぎも気になるが、
もう少し胃腸を休めておきたい。

海野家は昼のメニュー以外も充実していて、
串焼きや海鮮系が美味しそうだった。





コップ酒も用意されていた。

渋い。



いくら・サーモン丼と迷ったが、
今回はいくら・蟹丼を注文。

蟹はむくのが面倒なのもあり、
普段は食べることがめったにない。

ずいぶん久しぶりなので、
海野家で食べておくことにした。

運ばれてきたのは、
予想と違うことのないボリュームのいくらと蟹が
しっかりのせられた丼。



味はと言うと、
蟹は味がしないし要らなかったかもしれない(笑)。

いくらは美味しかった。

これならいくら・サーモン丼の方が良さそう。

とは言え、ご飯もしっかり酢飯だし、
全体としては満足な味。

金額は550バーツほどだった。


朝食がローカルレストランで30バーツだったり、
帰りに買ったその場で果物を搾ってくれる
ビッグサイズのスムージーが45バーツだったことを考えると、
やはり和食レストランは高めの価格設定。

とは言え、海外の中でバンコクの和食は質が高く、
その割には価格も安い。

香港に行ったりすると、
バリエーションの豊富さや質の高さは同等でも、
価格面ではタイよりも上。

マレーシア在住時は美味しい和食を食べるために
バンコクに来ていたぐらいだったので、
今でも和食を食べる機会が多い街。


海野家はランチよりも夜に力を入れている店なので、
今度は夜に訪れたい。

しばらくはシーロム付近のホテルを
いくつか周る予定なので、
その間にでも来られればいい。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ