アメリカの治安が良くないことを実感した出来事




率直に言うと、アメリカの治安は噂通り決して良くないというか、
先進国の中ではかなり悪いということを肌で感じてきた。

今回はニューヨークを皮切りに、フィラデルフィア、ワシントンDCと
東海岸の3つの都市を周ってきた。



まずはカナダからナイアガラを経由してバッファロー空港へ。

そこからニューヨークへ入った。



最初のホテルはマンハッタン島ではなく、
北東のブロンクスに予約していたため、
ハーレムまでバスで移動して地下鉄に乗ることになった。

駅を探すためにしばし歩きまわったが、
その時の印象はピリピリした街ということだった。

どこかで感じたことのある雰囲気だと思ったら、
マニラに似ている。

電車の高架線も含めた雰囲気は、
マニラのケソンとかその辺りに似ている。

しかし緊張感というか、治安の面で言うと
それよりも悪い状況にある感じがした。

マニラのマラテ地区とまでは行かないが、
それに近い危険度のような直感があったため、
荷物を持った状態で写真を撮る気にもならなかった。

隙を見せるのはまずいと直感的に悟ったので。

かつては外国人旅行者が足を踏み入れるだけで
無謀と言われたハーレムも、
現在ではずっと安全になったとされる。

とは言え、まだまだ安心できるレベルではない。


そこからブロンクスまで電車で移動したが、
駅周辺はお世辞にも綺麗とは言えない。

写真だけ見たら、新興国と嘘をついてもばれないだろう。

実際、東南アジアの中でも、
もっときれいな高級エリアはいくらでもある。

たとえフィリピンでも、
マカティやグローバルシティの方が
街並みとしてもきれいだし、
肌を刺すようなピリピリした空気も漂っていない。



アメリカは貧富の差も大きいし、
エリアによって治安や経済力、住み着いている人の属性も違う。

この場合の属性とは、経済力や社会的な地位、人種、宗教など
様々な要因が絡んでくる。

当然、ハーレムやブロンクスがすべてなわけではなく、
高級住宅が並ぶ閑静で洗練された場所もある。

ただし、ニューヨークという
アメリカでナンバーワンの都市であっても、
まだまだ治安等の面で不安を抱えているのも事実。

これは現地に入ってすぐに感じたことだった。


マンハッタンのタイムズスクエアでは、
スパイダーマンのコスプレをした人が腕を組んできて、
強引に写真撮影を迫ってきた。

グイグイ引っ張ってくる力が強いし、
1度や2度断ったぐらいではあきらめてくれない。

世界一周も佳境に入ったが、
ここまで強引な客引きは初めてだった。

香港等の中国圏で商品に興味を示した後に
無理やり交渉を続けようとしてくる場合はあるが、
道端で写真撮影を迫られたのは初めて。

当然、彼らはチップ目当てだろう。



目当てだったMOMAやメトロポリタン美術館を鑑賞し、
迎えたニューヨーク最終日、
地下鉄を出たところで2人の男が言い争っていた。

一人は白人で、50代と思われる。

彼が一方的に文句を行っていた。


言われているのは40代なかばから後半ぐらいの黒人で、
足をガニ股に開いて腰を落としたり戻したりしながら
手を顔の前で合わせる不思議なポーズで平謝りしていた。

哀れさを若干鼻につく感じで過剰に演出している感じがしたが、
二人の間に何があったのかは分からない。

怒っている方がかたわらのスーツケースを指さしていたので、
盗難が失敗に終わったとかそういうことだろうか?


気にかかりつつもその場を通り過ぎたら、
後ろからバタバタした足音が聞こえてきた。

叫び声を上げるでもなく、二人して走り去っていった。

両方共結構な年齢だったが、寒い中猛ダッシュで。

逃げている黒人の男の方は、さっきまでとは表情が変わって、
してやったりという感じが漂っているように見えた。

やりきった満足感をたたえた笑みが印象的だった。

追っている男は先程までと同様に怒りをにじませていた。


彼らはすぐに角を曲がってしまったので、
その後の経過は分からない。

とりあえず銃声が聞こえてきたりはしなかったのは幸い。



アメリカの治安は微妙だと思いながらもフィラデルフィアに移った。



こちらは特にピリピリした空気もなく、穏やかに過ごすことができた。

ただし、川を渡ったところにあるカムデン地区は危険地帯で、
財政破綻したデトロイトと並ぶほど。

現地の人がどう思っているのか聞きたくて、
フィラデルフィアのホテルのフロントで
カムデンについて聞いてみたところ、

「何か用事があるのですか?ないのなら、絶対に行かない方がいいです。
 我々でも出来る限り近づかないようにしているエリアです」
ということ。

若干の興味はあったものの、
間抜けにも危険地帯にノコノコ出向いて行くわけにもいかないので
安全な場所でのんびり過ごすことにした。

旅人の中には裏通りを歩いたとか、
危険地区を無事に通過したという自慢をする人もいるが、
冷静に考えて意味がない。

リターンがせいぜいつまらない自慢ぐらいしかないのに、
背負うリスクが大きすぎる。

投資効率で考えれば、
そんな選択をしている事自体が恥。

そんな理由で私の身に何かあれば、
仕事で私に関わっている人にまで迷惑がかかってしまう。


ということで、カムデンの治安の悪さを肌で感じることはなく、
話に聞くだけでスルーした。

ホテルの人が血相を変えて説得してきたことで
いかに物騒な場所か、
その一端を垣間見ることはできたが。

それにしても、
あまり期待していなかったフィラデルフィア美術館や、
バーンズ・コレクションは想像よりずっと良かった。

MOMAのように館内が人でごった返しておらず、
落ち着いて作品を鑑賞することができる。

静謐なフィラデルフィア美術館も
温かみのあるバーンズ・コレクションも穴場だった。

フィラデルフィア美術館






そして今回のアメリカで3つ目の街となるワシントンDC。



こちらもフィラデルフィアと同様に、
中心部から東に行って河を渡ると治安が悪化する。

アナコスティア・エリアが危険地帯。

そんなことは知らずに、アナコスティアの先にある
ラルゴタウンセンターというメトロの最終駅にホテルを取っていた。


駅周辺はほとんど人が通っていない。

車がまばらに通っているだけ。

一度ホテルに向かって歩いていたら、
後ろからドレッド頭の男が猛然と走ってきて戦慄したが、
やって来るバスに間に合うように焦っていただけだったらしい。

あの場で襲われても、周りに誰もいないのでどうにもならない。

肉体だけでも屈強な大男だし、
どんな凶器を持っているかも分からない。

11月の冷たい空気の中で、背中を嫌な汗が伝った。


ワシントンDCのメトロはブルーライン・シルバーラインで
中心からホテルまで移動していた。

ここは明らかに治安に問題がある雰囲気が漂っていた。

ニューヨークに比べても荒んでいる感じがする。

別にニューヨークが安全と言いたいのではなく、
それよりもさらに危険ということ。

間違ってもiPadを出して時間を潰すなんてする気にならなかった。

滞在中に何度か車内を見渡しても、
タブレットを出している人はほとんど見かけなかった。


バンコクの地下鉄では
スマホやタブレットをいじるのがよく見る光景でも、
先進国アメリカでは隙を見せること、高価なものを持ち出すことに
リスクを感じざるをえない環境がある。

経済が強いからといって、安全ではないのがよく分かる。

メトロを使う階層の人が違うというのもあるだろう。

結果、バンコクの方がニューヨークやワシントンDCより
よほど気を抜ける場所になっている。

ロンドンやミュンヘンも緊迫感が漂うときもあるが、
やはりアメリカに来てからの方がその度合は強い。


一応、ワシントンでもカムデンの名が知られているのかと思い、
ホテルで尋ねてみた。

レセプションの人もやはり名前は知っていて、
「カムデンに行ったのか?」
と一瞬誤解されて驚かれた。

行ってはいないと否定したが、
それだけ有名な危険地区ということだろう。

外国人が行かないほうがいいか訪ねたら、
ありえないと言わんばかりに手を振られた。


ちなみに、ワシントンからバンクーバーに向かう日、
駅に向かって歩いていたら木に突っ込んで大破した車があった。

事故直後というわけではなかったらしく、
3人ほど疲れきった顔で周りにいるだけだった。



最後に

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ