電子書籍プレゼント

アメリカに移住してからの保険はこうしている



※以下はアメリカ在住の鈴本さんからの投稿

保険なんですけれども、私の場合はアメリカで長期の海外旅行保険なんですけれども、その中の留学生用の保険を利用していました。

長期だと一年まであって、日本に里帰りするたびに更新する感じでした。

補償内容や金額は、補償される金額によって保険料も異なってくるんですけれども、だいたい年間20万くらい払っていた気がします。

最初の語学学校時代はこちらの海外旅行者保険を使用していました。

カレッジに入った途中からはお金も底をついてきて、そこのカレッジの保健室なんかはただで看護師さんが診察してくれたりしますので、そちらを使用してなるべく怪我をしないようにしていたと。

今から考えると危険なんですけれども、そうしていました。

あとは街にある低所得者用のフリークリニックなどがアメリカではあるんですけれども、そちらに行けば名前の通り全部フリー、ただなので、最低限の痛み止めだとか抗生物質などを処方してもらっていました。

参考:【日経電子版】無保険者に医療を 米国の学生が挑む「無料」診療所

あとはある程度日本人などが住んでいれば、日系のクリニックなどがあると思うんですけれども、そういうところでは保険がない貧乏学生のために、もし現金で支払ってくれたら何%割り引きますよ、みたいなことをやっていたりもします。

お金がない、保険がないから行かないではなくて、ちょっと門をたたいて「お金がないんですけれども」と相談をすると、わりかし親身になってくれる日系のドクターもいるんじゃないかなと思ったりもします。

アメリカは医療費がものすごく高いんですけれども、例えばよくある話が、盲腸で入院すれば200万円かかるといったことですね。

なので、大きな病気をした時を考えると、必ず保険は入っていったほうが良いと思います。

慣れてくるとケチっちゃったりもするんですけれども、保険ですので、なるべく入っていくということが大切だと思います。

歯の治療の方はだいたい海外旅行保険では治療費はカバーされてないんで、歯だけはしっかり日本で治療して、日本に里帰りするたびにチェックもして、口内の健康だけは万全にしていったほうが良いのかなって思います。

私の友達で、歯の保険どころか医療保険にも入っていなかったんですが、前歯が虫歯になってしまって、アメリカ、特にカルフォルニア州は歯並びと白い歯が命の場所なので、前歯が黒く欠けて虫歯になるのは、向こうにしばらく住んでいる人だったらわかると思うんですけれども、ありえないという扱いで、わざわざ飛行機代を含む10万円くらいかけて日本に帰って治して、またアメリカに戻ってきたといったストーリーもあります。

なので、歯だけは日本でしっかり治してから留学生活をするというのが大切かなと思います。


移住する前の準備での注意点

アメリカに移住する前の準備で気をつけたいことなんですけれども、私は留学を決心して4年間も準備期間があった割には、TOEFLのスコアに関しては全く準備が足りていなかったですね。

あと資金も不足していたように思います。

私は留学し、学生というステータスからアメリカ移住生活がスタートしました。

一番肝に銘じておくべきだったのは、学生ビザではバイトでお金は稼げないということです。

もしバイトが見つかってしまったら、それは違法になりまして、最悪日本に帰らなくてはいけない。

強制送還の可能性が出てくることも知っておくべきですね。

例外としてカレッジ内のカフェテリア内で週に数時間、制限があるんですけれども、アルバイトすることもできます。

でもカレッジに入学と編入をしてしまうと、すべて英語ですから勉強するのにとても時間を取られて、そのような時間を確保するのはなかなか困難になってしまいます。

なので、勉強一色っていう感じですね。

なので、アメリカでは学費と生活費、あと車の維持費ですね、そういったものでお金があっという間に消えていきます。

私は渡米前にフルタイムで働いていましたので、TOEFLのスコアを上げるのは落ち着いて勉強できる環境になってから、即ちアメリカで語学学生になってからで良いやと気楽に考えていました。

そしてスコアは目標通りに上がったのですが、結局は一年近くもかかってしまいました。

もし日本でそのスコアを取得しておけば、語学学校は英会話とアメリカ生活に慣れる程度の時間があれば十分です。

おそらく一、二か月あれば十分だったでしょう。

つまり約十か月の生活費を無駄にせずに済んだのかなと、いま考えれば思います。

金銭面だけでなく、実際高いスコアを取得できる能力があるってことは、ボキャブラリーとかそういったものも豊富で、カレッジで毎回のように出されるレポートですね、エッセイを書く力も備わっていたということになります。

スタート地点がかなり違うことになり、充実した学生生活が可能になったのかなというところがあります。

私は社会人を経験した後に自分で留学しましたので、自分のお金ですべてを賄ったんですけれども、ご両親から学費を出してもらう場合でも、日本の私立大学並みに色々とお金がかかってきます。

なおかつ一人暮らしをして生活費もかかってくることを考えたうえで、準備を始めて行ったほうが良いのかなと思いますね。

そこをしっかり準備すれば、留学中にかかるお金は節約できて、違うことに使うことが出来ると思いますので。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ