オーストラリアに移住して日本人が仕事をしていく上での現実


以下は海外移住者の読者さんからの投稿

オーストラリアに移住してからの仕事探しの現実ですが、オーストラリアで日本人が働いていくには日本人しかできない仕事というのでなければ採用されるのは難しいと思います。

まずビザの問題もありますし、外国人がローカルの人の仕事を奪うという環境には国はさせませんので日本人にしかできない仕事、例えば日本人相手の観光業、ガイドですとかホテルのフロント、日本人系のお土産屋さんですとかレストランそれから日系企業、日本語教師も多少ありましたけれどもそういった仕事に限られるかと思います。

やはりシドニーで採用されるに当たって英語がすごく大切で、仕事の中で使う英語というのはやはり早口ですし、かりにレストランのウェイトレス、単純な会話しかしないと私もあまくみていたのですけれども、あったとしても急いでいるときに指示される英語ですとか、怒鳴るような英語そういったものはやはり状況変わってきますので落ち着いて座って話す英語と歩きながら話す英語というのはぜんぜん違いますので、そういった意味でもやはり仕事をするときに使う英語というのは難しいかと思います。

私もシドニーの旅行会社の面接を一回受けてみまして、そのときは落ちました。

三ヵ月後にもう一回チャレンジしましてある程度英語力も上がったということで採用されたのでそのへんは難しいと思いました。

シドニーとか大きな都市ですとオーペアという住み込み形のバイトがありまして子供がいる家庭ですと子供さんの面倒を見たりですとか、ご飯を作ったりとか洗濯掃除をしたりとおうちの中の仕事をするという職種もあります。

これは逆にあまり英語力は問われないでそういった家事力を問われるのですけれども、住み込みで住居費無し、ご飯も付いている、一週間ごとにお小遣いのような手当てだいたい100ドルから150ドルくらいのお手当てをもらって生活をしていくという形です。

はじめ私もオーペアをしたのですけれども、慣れるまではオーストラリア人家庭に一緒に住んで彼らと生活の中で英語を向上させていくこともできますのでそういった形で住むのもいいかと思います。

日本語教師も多少ありましたけれどもやはり学校が少ないということで難しいかと思いました。

もう少し観光地、シドニーももちろん観光地なのでガイドもありますけれども例えば、ケアンズですとかもう少し海のほうに行きますとダイビングのインストラクターのような仕事もあります。

ただ観光業の人たちはツアーを売っていかなければいけないので、そういった営業力がないとなかなか難しいかと思います。

難しいというのはゆくゆくは首を切られてしまうという現実がありまして、オーストラリアでやはり仕事ができない人はすぐ首になってしまうという厳しいところもあります。

例えばレストランですとウェイターウェイトレスさん、楽かと思うのですけれどももともとお給料の設定がチップを含んだ形になっていますので時給が低く設定されています。

チップをどれだけもらったかによってお給料が上がり下がりが決まってきます。

板前さんのような作るほうの仕事のかただとそういったことはないのですけれども、仕込からメニュー作り店員の指導そういったものまで全てやらされるパターンが多いと思います。

お店に日本人一人ということでそういった日本食レストラン作りを目指している人であればそういったことも認められるのではないかと思います。

あとはオーストラリアのホテル関係ですと、日本人のお客様のお世話ということになるのですけれども、やはり日本からいらっしゃいますと英語はできなかったりしますのでその人だけがすべて頼みということになるので、ガイドさんは夜中でも電話がかかってきたりとかそういったこともあるようなので結構大変かと思います。

フロントなどそういった仕事でも分割化されていませんでゼロから十まで全てができなければならないといった仕事配分になっているかと思います。

ですので、同じオーストラリア人であっても例えばAさんはこれ担当とかBさんはあれ担当とか分割化されていると思うのですけれども、日本人の場合は日本人のお客様の面倒をすべて見るといううえですべてができなくてはならないという役割分担を持っています。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ