タイからベトナムへの旅の旅費が驚くほど安かった



来月は、バンコクの滞在期限が切れる前に、一旦ベトナムに移動していわゆるビザランを行う予定となっている。

すぐに戻ってくるわけではなくて、ベトナムにビザなしで滞在できる期限である15日ぎりぎりを狙って行くことにしたのだが、せっかくなのでミエンやソーイ、バインチュン、ゴイ・ドゥー・ドゥー等の現地料理を堪能しながら、南部から北部へ縦断することにした。

LCCを使って移動することにしたのだが、この時の旅費が、驚くほど安かった。

まず、バンコクからホーチミンへの移動が約4500円。

これは、エアーアジアを使う。

その後、ホーチミンからダナンに行くが、これが約2500円でジェットスターを利用。

さらに、ダナンからハノイへは3500円で、こちらも同じくジェットスター。

そして、最後のハノイからバンコクは、ベトジェットエアーというベトナムのLCCの会社で今回初めて利用するのだが、これがちょうど1万円位。

合計したら19500円で、タイからベトナムに行き、さらにベトナム3都市を周るルートにもかかわらず2万円をきってしまった。

ちなみに日によっても金額は違うので、もし仮に同じ日程で逆に北部から南下していく場合は、バンコクからハノイが4500円、ダナンまでが8000円、ホーチミンまでが6000円、最後にバンコクに戻ってくるのが7000円となり、合計が約25500円ということで、6000円の差がつくことになる。

これは必ずしも、北から南に行くルートの方が高いということを意味しているわけではなく、日程によっては逆の結果もありえる。

何にしても、いかにLCCがアジアにおいては安いということがわかる結果。

日本の航空会社も、以前に比べればピーチ航空やバニラエア、スカイマークが値段を下げたことによって安くで旅ができるようになったが、まだまだ世界標準からは遠いという印象を受ける。


さらに言えば、東南アジアは新興国だから安いわけではなく、LCCの本場であるヨーロッパはさらにコストが下がっている。

もっともヨーロッパの場合は、荷物等のルールがかなり厳格で旅をしづらい部分もあるので、東南アジアくらいの緩さが、楽に旅ができるという印象。

今回、ベトナム縦断の旅の交通費ということに関して言えば、それ以外でもダナンからホイアンやフエに行くためのタクシー代等もかかるので、もう少しプラスアルファにはなるが、どちらにしても非常に安くで15日の旅を満喫できることに変わりはない。

ただし、ベトナムのタクシーについては、トラブルの情報も多く、もう2度と行きたくないとか、こんな国に来るんじゃなかったという声も散見されるので、そこら辺は少々頭の痛いところ。

タクシーと言えば、マレーシアで散々嫌な目にあってきたので、普段からできるだけ乗らないようにはしているが、ベトナムを旅するということになると、タクシーを一切使わないというのは現実的ではないし、むしろ下手に徒歩で移動したり、バイクタクシーに乗る方が余程危険な場合もあるので、そこら辺はこだわらずに行動する以外にはない。

ここら辺は公共交通機関の整っていない国の面倒なところで、旅をする際のストレスにもなる。

逆に言えば、タイの場合、地下鉄やスカイトレインがきっちり整備されているというのが、やはりベトナムに比べて圧倒的に旅行者獲得の際に優位性として働くのは、各国を旅してきた経験から見ても間違えのない事実。

そういう意味ではあまり期待をしすぎずに軽い気持ちでベトナムに行って来て、その後にバンコクを経由してチェンライにでも足を伸ばそうかと思っている。

それとは別に、友人がフェイスブックにパタヤの写真を載せていたが、それがきれいだったこともあり、チェンマイからパタヤに行き先を変更するかもしれない。

彼はインスタグラムで投稿し、そこでエフェクトをかけてからFacebookにも投稿しているということだったが、いつも美しい写真を載せているので、その街のまた違った一面を思い出すことができて、参考になっている。

こうしてタイからベトナムに行き、北上してから再びタイに戻って来る予定でいる。

自宅のないホテル住まいなので、行き当たりばったりで旅先を決められるのは嬉しいところ。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ