ダナンからホイアンへのストレスフリーなアクセス方法



ベトナムの古都ホイアンには空港がなく、
行き方としてはダナン国際空港に到着後、
そこから陸路でアクセスするのが一般的。

他にも同じ中部のフエから行く手もあるが、
これだと3時間かかる。

それに対し、
ダナンからフエのアクセスは30分弱。

圧倒的に近い。


では、どのような行き方があるかと言えば、
まずはタクシー。

これがもっとも柔軟性のある移動方法だし、
途中の五行山に寄ることもできる。

難点としてはベトナムのタクシーの評判が悪く、
当初の契約が素直に履行される保証がないこと。

個人的にはマレーシア在住時に比べると
ベトナムの方がましな気はしているが、
タクシーでのストレスをわざわざ感じたくはない。


2つ目の方法はツアーに申し込むもので、
ダナンの旅行代理店のドアを叩けば
ホイアン行きの車の手配をしてくれる。

ただし、ホテルでのピックアップの有無や、
降りる場所が指定したホテルか、
向こうが指定した場所かと行った違いがあるので
この点は要注意。


私が利用したのは3つ目の方法で、
ホイアンで宿泊予定のホテルが提供している
ピックアップサービスを利用した。

ホイアンのホテルを渡り歩いていると、
ダナン空港からの車を用意できるというメールが入ることがある。

料金は16ドル〜20ドルが相場。

基本的にベトナムドンではなく、
米ドルで表示してくるのが特徴的。

まだまだドンの信用が弱いことが伺える。


私の場合、ダナンのミーケービーチ沿いに一週間滞在したので、
空港か駅からホテルまでの移動だと、
ホテルから空港または駅に行かなくてはならず、
二度手間になってしまう。

そこで、宿泊していたホテルの名前と住所を送り、
向こうが提示してきた16ドルで
迎えに来てもらえるかメールを出してみた。

交渉というほど難しいこともなく、
二つ返事で了承してきた。

あとは時間を指定し、
宿泊していたホテルのロビーで待っているだけ。


せっかくのダナン最終日だったので、
ミーケービーチを散歩し、
海辺のレストランで食事をしてからホテルに戻ってきた。

そこからはドア・ツー・ドアの移動なので、
初めて訪れるホイアンで道に迷いながら
ホテルを探す手間もかからない。


特にホイアンは道が悪く、
そこらじゅうが泥まみれで足元が悪いため、
歩くのには不向き。

しかもバイクはひっきりなしに通るし、
クラクションもうるさい。

こんな中で道に迷ったら、
到着直後に相当なストレスを抱え込むことになっただろう。


ということで、ダナンからホイアンへの移動は
ホテルが手配してくれる車をチャーターするか、
少なくてもホテルまで送ってくれるツアーを申し込むのが楽。

料金としても16ドルで済んだので、
別の街までの移動としては割安感がある。

しかもホテルまで迎えに来てもらっているので。


なお、支払いは運転手にするのではなく、
ホテルをチェックアウトする時に支払う形式だった。

ダナンからホイアンまでの車代に
手持ちのUSドル16ドルを分けておいたのだが、
他に服を洗ってもらったので追加分の支払いがあり、
車代だけドルで支払い、
ランドリー代はベトナムドンで支払った。

こうして古都ホイアンに無事到着。

今回は3ヶ月の観光ビザもダナン国際空港で取れたし、
少なくても1ヶ月以上はホイアンにいてから
フエに向かう予定。

場合によっては2ヶ月以上とどまることもありえる。

道の悪さ、歩きずらさは否めないが、
市内中心部のランタンが灯る街並みは魅力的なので
日々通うことになるだろう。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ