電子書籍プレゼント

観光ビザやノービザ滞在の期限は意外に切実



以前にバンコクに滞在していた際、ビザなしで滞在することができる30日ギリギリまでいたことがある。

今回も、そろそろジャカルタの滞在期限が迫りつつある。

この期限を過ぎた場合に、どのような罰則が待っているかというのは、その国によって異なる。

バンコクで駐在員をやっている友人の話によると、タイミングによっては特に罰則が何もなく、次回からはオーバーステイをしないようにという口頭注意だけで済む場合もあれば、罰金を支払わされることもあるらしい。

ジャカルタの場合、言い換えればインドネシアの場合にどのようなペナルティが待っているかということはわからないし、処分の有無とか、そういったことも不明。

しかしながら、こういったルールというのを順守することによって、その後の信頼が蓄積されていくし、逆に言うと以前に何か問題を起こしたという履歴が残ることによって、その国に再入国する際に不利益な取扱いをされることもありえる。

そのため、あくまでもオーバーステイとか、期限を超過しての滞在をするつもりはない。

とは言え、30日とか2週間といった期限しかない場合であると、うっかりダラダラしていると、いつの間にか期限が迫っていて驚くことがある。

今後はタイを経由してラオスに行こうと思っているが、こちらは15日がビザ無しでの期限だったので、思いのほか短い。

例えば首都のビエンチャンと、世界遺産の町であるルアンパバーンにそれぞれ1週間ずつ滞在したら、ギリギリになってしまう。

今現在だと、フィリピンの永住権の認可待ちとなっているので、なかなかアジアを離れるわけにはいかず、しかしながら今後の予定というのも立ちづらい。

もしかすると、あと数日後には認可が下りてフィリピンに飛べる状態になるのかもしれないし、場合によってはあと2ヶ月ぐらいかかる可能性もある。

そうなってくると、その後にヨーロッパに出向く際に、どのような季節になるかも関わってくるので、凪のような生活の中にあって、珍しくナーバスな問題になっている。

やはり自分の今後の動きがわからないのは、立場が不安定でかなり気持ち悪いし、それによって航空券やホテルの手配も変わってくる。

実際、今日はHotels.comとアゴダを使ってホテルの予約をしようとしたものの、この後どこに動くのか、つまりフィリピンに行くのか、あるいはタイやラオスに行くのか検討するため、結局その場しのぎで1泊だけの予約を取ることにした。

一応次にバンコクに行くという前提で、エアアジアや、タイガーエアの料金も調べたので、おそらくはそちらを手配して、タイのバンコクやパタヤで時間を潰しつつ、場合によってはチェンライに行って、そこからラオスに行く見込みが大きい。

あるいは、バンコクから直接ルアンパバーンに飛ぶとか、そういった動きをする可能性もあるし、移動の途中でフィリピンに行けるということであれば、予定を切り替えてマニラ入りして、そこでクオータービザを取得する可能性も出てくる。

今回永住権が取れれば、オーバーステイ等の制約は一切なくなって、無期限で滞在することができる国として、フィリピンがマレーシアに続く2国目ということになる。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事