ビザなしで海外移住ができる3つの国




世界にはごくまれに、
ビザなしで海外移住が可能な国がある。

これはあくまで例外で、
通常であれば1年間住むだけでも何かしらのビザが必要。

いくら世界的に見て最強ランクの信用力を持つ
日本のパスポートを持っていても、
この点は変わらない。



それでも、一部の国はビザなしで海外移住が可能。

では、それはどこかというと、1つ目の国はマレーシア。


90日以内に出国して入国しなおせば、
実質的に延長できる。

私もマレーシアの南端にあるジョホールバルに移住した時は、
この方法で住み始めた。

その後、MM2Hというリタイアメントビザを取ったが、
1年以上はこの方法を使っていた。

シンガポールに行って戻ってくるだけでよかったが、
実際にはチャンギ空港からバンコクや香港、ジャカルタ等に
頻繁に飛んでいたので滞在期限はあまり関係なかった。

マレーシアは移住先人気ランキングでも
ナンバーワンの常連の国。

実はロングステイ程度の期間であれば、
住むためのハードルは低い。

もっとも、1年を超えたあたりから入国の際に
難色を示されるようになっていく。

そのため、永住や1年を越える長期滞在の場合には
やはりビザなしでは厳しい。

私も途中でMM2H(リタイアメントビザ)を申請し、
無事に取得した。

もっとも、マレーシアの住環境は噂程良くなく、
2年ほどで脱出した。



ビザなしで住める2つ目の国はフィリピン。

正確には入国の際に自動で観光ビザが発給され、
パスポートにスタンプが押される。

これを移民局で更新し続ければ2年まで滞在できる。


その後は1度フィリピンを出る必要があるが、
また戻ってこれる。

ただし、この方法も1年から2年程度が限度とされる。


マレーシアの後にフィリピンに移住した際、
私もこの方法を使って入国し、
現地入りしてから永住権にあたるクオータービザを取ることにした。

SRRVというリタイアメントビザも検討したものの、
条件を調べるとクオータービザのほうが良かったので。



マレーシアとフィリピンに関しては、
ビザなしで海外移住をスタートできるものの、
長く住むならビザが必要になる。

マニラとセブにそれぞれ住んだが、
セブのほうが住みやすいエリア選びは難易度が高い。

住環境としては、
大都会がいいのか、
海や山が近くにほしいかで
どちらが向いているかは違ってくるだろう。



3つ目の国は中国。

14日以内の滞在ならビザ不要で、
入出国を繰り返せば無期限で住めるらしい。

これは実際にマカオに隣接している珠海在住の
日本人の友人から聞いた話。


マカオや香港も別の国扱いになるので、
14日が経過する前にどちらかに足を運び、
更新を続けているらしい。

14日とかなり頻繁に入出国する必要があるため、
上海や北京で実行するのは難しく、
国境沿いにある珠海や深センでの生活向き。



こんな感じで、ごく一部の国にはビザなしで
とりあえずの海外移住が可能。

1年程度のロングステイならそれで済むし、
現地に行ってからビザの申請をする手もある。


他にもこうした制度を持つ国はあるかもしれないが、
あくまで例外であることは変わらない。

外国に住むという選択をする際のハードルとして、
ビザは越えなければいけない厄介な壁なので。



追記:台湾もビザなし移住が可能だった


上記のフィリピン・マレーシア・中国に加え、
台湾もノービザで住み始めても
90日以内に入出国をすれば問題ないので、
マレーシアと基本的に同じ。

繰り返しの入出国(いわゆるビザラン)に対しては
むしろ台湾の方が許容度が高い。

英語はあまり通じないが、
日本語が通じる人が世界有数で多いのが台湾。

そのため、語学に自信がない場合には
親しみを覚えやすいかもしれない。

台北と高雄が人気の街だが、
他に台中や台南にも日本人が住んでいる。

私もフィリピンの後は、
台湾の台中で暮らし始めた。

と言っても、マレーシアのMM2Hや
フィリピンのクオータビザのように
永住権等を取る予定はない。

1年だけ住んでみる予定でいる。

ビザなしでもっと長期で滞在することも可能だが、
同じ街に居続けるのも飽きるので。


台湾もフィリピンも、
原則として不動産の賃貸契約は1年単位。

マレーシアは2年単位の不動産会社もあった。

これより短い期間だと
割高な家賃を払うことになる。

となると、
季節や行事が一巡する1年という期間は、
部屋探しの上でも合理性がある。

いきなりビザの取得手続きを行い、
様々な書類を用意したり、
ビザの種類によっては現入りして面接を受けたり、
向こうの国での健康診断を受けたりして
苦労して移住したのに合わなかったという事態は避けたい。

そのためには、ビザなしで渡航し、
許された期間住んでみるのもありだろう。

その期間が15日のベトナムのような国もあれば、
カナダのように半年という国もある。

もしベトナムでもっと長く滞在してみたければ、
3ヶ月の観光ビザを取る方法もある。

いきなり本格的な移住をする前に、
まずは実験的にしばらく住んでみるのもいいのではないかと。

その上で、気に入ったらビザを取ればいい。


ただし、日本を出る前の段階で
今後取得できる可能性のあるビザへの精査は必要。

年齡や渡航目的、現地で仕事をするかどうか等によって
現実的には該当するビザは限られるため、
住める可能性のない国の住環境が気に入っても
意味がなくなってしまう。

あくまで今後の見通しを立てた上で、
日本を出ることをおすすめする。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ