電子書籍プレゼント

マレーシアvsフィリピン、海外移住先としてベストなのは?


ペナン
日本人の海外移住先として人気のマレーシア。

私も2年以上住んでみた。

その後、フィリピン・マニラに移住。

両方の国に住んで見えてきたことがある。



マレーシア全体とフィリピン全体の比較なら

ボホール島
もしも国全体として比較した場合、
マレーシアの方が豊かで安全。

街並みもどちらかと言えば若干きれい。

日本人(外国人)が住まないような
名前を聞いたことのない場所に住むなら、
たしかにマレーシアがいいだろう。

インフラの整い方を考えても、
やはりマレーシアに分がある。

正直、この前提でならフィリピンに住むメリットは感じない。



ただ、これはあくまで国全体として見た場合。

そもそも、日本人が訳の分からない村に住んだりすることは
通常であればない。

日本人の移住先を考えると、
マレーシアならクアラルンプールやペナン、ジョホールバル、
フィリピンならマニラやセブ、ダバオあたりに絞られるだろう。

もっと言えば、マニラならマカティやグローバルシティが
外国人が多く住むエリアとなる。

こうしたエリア同士を比較すると、
話は大きく変わってくる。




一点突破のフィリピンの強み

セブのレストラン
フィリピンは国全体として見れば、
まだまだインフラも弱いし治安も良くない。

その一方で、
国としては外国人にお金を落としてもらいたい思惑がある。

とは言え、国全体として発展するのを待っていたら
いつになるかが分からない。


その結果として、一部の地域のみを
優先的に開発する戦略を取っている。

外国人が安心して歩ける安全さを確保し、
便利に暮らせるように発展させる。

その対象が国土の5%程度。

マニラのマカティ・グローバルシティ、
セブやボラカイといったリゾート地が代表例だ。


私はマカティに住んでいるが、
レストランは徒歩圏内に100軒以上、
ファーストフードから高級レストランまでそろっている。

人件費が安いので
1000円程度で1時間のマッサージが受けられながら、
生活に必要な用事は基本的に徒歩圏内ですべて済む。

この利便性の高さは住んでいて助かる。


フィリピンという国全体ではなく、
実際に日本人が居住するエリアに限ってみると、
フィリピン移住は選択肢としてとても有力になる。

マカティ内だけで考えても、
住んでみたいコンドミニアムはいくつもある。



対するマレーシアの方は
中途半端に豊かな国であるために、
一点突破という発想がゆるい。

そのため、具体的にどのコンドミニアムに住むか考えると、
どれもいまいちという結果に。

正直、マレーシアでもう1年住むと仮定した時、
住めるような場所がなかった・・・。

1年目のコンドミニアムは立地が悪く、
2年目のコンドミニアムは住民の質に問題があったので、
これらにもう1年住む気にもなれない。

他に候補となるコンドミニアムもいくつかあったが、
現実問題として立地等を考えると住むには厳しかった。

せっかくリタイアメントビザのMM2Hも取り、
ビザの制約を受けずに滞在できるようになったため、
マラッカ、クアラルンプール、ペナン、イポー等を周り、
マレーシア生活を継続する道も探った。

しかし、結果はフィリピンに引っ越すほうが
快適に暮らせるという結論に。


クアラルンプールにしても、
モントキアラのようにそれなりに住みやすそうなところはあるものの、
本気で住むかどうかというレベルで考えると
決め手に欠けてしまう。

ざっと見た感じだとそれなりに印象はいいのだが、
いざ住む段階になると候補がなくなるイメージ。



マレーシア、フィリピンの両方に移住して感じたのは、
外国人居住エリア、つまり日本人が住む場所に限定すると
フィリピンの方が熱い。

別に海外に移住したからといって、
何もない村に出かけたりするわけでもない。

基本的に生活圏というのは決まっている。

そうなると、中途半端に全体が開発されたマレーシアより、
フィリピンの外国人向けに特化して開発したエリアのほうが
住み心地はいいと感じている。



言葉の面で見ると

クアラルンプールのカフェ

マレーシアはマレー語、
フィリピンはタガログ語がメイン。

英語は第二言語の位置づけだが、
両国ともに東南アジアの中では
比較的英語が通じる。

マレーシアの場合はイギリスの統治を経験しており、
フィリピンはアメリカに占領された経緯がある。

そのため、マレーシアの英語のほうがイギリス寄りで、
フィリピンはアメリカ寄りとなっている。

フィリピンもマレーシアも、
英語のみで生活することは可能だった。


この他にも、
マレーシアなら中華系住民は中国語を話せることが多く、
フィリピンは地域によってタガログ語以外が主流のことも。

たとえば、リゾートとして人気のセブはビサヤ語がメインで、
タガログ語はあまり通じない。

何しろ170以上の言語があるのがフィリピンなので、
国内でも地元の人が使う言葉は様々。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ