電子書籍プレゼント

フィリピンの家賃相場は安くない?実際に住まいを構えてみて


これまで、フィリピンのマカティ(マニラ)と
セブシティで住まいを持ってきた。

セブシティの自宅

また、投資家としての視察を通して
家賃相場や物件価格も観察してきた。

そこから得られた現地での
現実的な住宅事情を今回は解説していく。



現地の人の月収は無関係

フィリピンは物価が安い国として有名で、
平均的な月収は4,000ペソ〜9,000ペソ(1万円〜2万円)とされる。

それでも生活できているので、
日本人が住むには生活費が安く済むと考えられがち。

ただし、ここには落とし穴がある。

まず、所得の低い層のフィリピン人は
一人暮らしをすることが滅多にない。

基本的には家族で暮らしているし、
その人数が3人や4人ではなく、
大家族になることが多い。

結果、一人あたりのコストが下がるので
生活できている側面がある。

また、OFWと呼ばれる海外へ出稼ぎに出ている人が
常時国民の10%程度おり、
そこからの仕送りで家計が成り立っていることもしばしば。

こうしてフィリピン人は生活を支えているが、
日本人が同じことをするのは困難だろう。


もう1つ問題なのは、
住まいに関してはセキュリティーを兼ねているということ。

日本経済が弱体化していたり、
オーストラリアや北米より
給与水準がすっかり低くなっているとは言え、
フィリピン人から見ると日本人はお金を持っているイメージがある。

実際、セブのアヤラモールでは
日本人男性をターゲットに声をかける
若い女性たちの姿をしばしば見かけた。

手段が昏睡強盗や美人局のような犯罪なのか、
もっと時間をかけてお金を無心する気なのかは不明だが、
目的はお金なのだろう。


このような状況にあるフィリピンで
家賃の低い家に住むとどうなるか?

当然、犯罪に巻き込まれるリスクが高まる。

マニラでもセブでも、
外国人が暮らせる物件となると
24時間体制で入り口に警備員がいるコンドミニアム。

あるいは入居者世帯しか入れないように
集落全体を壁で囲って入り口に警備員を立たせている戸建て。

後者はビレッジと呼ばれることがある。

いくら一軒一軒のセキュリティーを高めても
フィリピンではおのずと限界がある。

銃社会なので、
警備員がいなければ侵入を確実に防ぐのは不可能。

そこで、一定の範囲を外界から遮断して
ビレッジとしてデベロッパーが開発している。

たとえば、マニラではアヤラ・アラバン・ビレッジが有名。

コンドミニアムに比べると、
戸建ての方が家賃面では負担が大きくなる。


では、安全なコンドミニアムに住む場合、
家賃はいくらぐらいか?

マニラにあるマカティ市の場合、
月に6万円程度から。

この場合、スタジオタイプ(1DK)の狭い部屋で
立地もいまいちな場合が多い。

つまり、東京の一等地よりはずっと安いが、
日本で地方に住む場合よりも割高。

マニラでもマカティやグローバルシティではなく、
もう少し治安の悪いエリアなら家賃は下がる。

ただし、利便性や安全度が下がるのは考えもの。


セブはもう少し安く、
比較的家賃が安いマンダウエの場合で、
家賃が4万円程度から。

マンダウエはマクタン国際空港と
セブシティを結ぶエリアに当たる。

日本人が多く住むエリアであるセブシティは
マンダウエよりもさらに家賃相場は上がる。


日本とフィリピンでは住まいの機能が違うので、
一概に家賃の金額だけでの比較はできない。

たとえば、私が住んだマカティのコンドミニアムは
プール、ジム、ビリヤード台、卓球台、ダーツが完備。

すべて無料で利用できるようになっていた。

入り口にはコンシェルジュと警備員が常駐していたし、
そうした環境を考えると日本よりも割安。

要は家賃の絶対額、
あるいは生活費の絶対額を抑えたいのか?

コストパフォーマンスを上げたいのか?

この違いが大きくなるだろう。


とにかくお金を節約して安全に暮らしたいなら、
わざわざフィリピンに来るよりも
日本の地方に住まいを構える方が得策。

海外まで出てきても、
かなり不便な場所まで行かなければ格安での暮らしはできない。

しかも、そういった場所は外国人が目立つので、
安全性にも問題がある。

もちろん英語が通じる人の割合も下がる。

フィリピン人は英語が得意と言われるが、
やはり教育水準が一定以上の人の話。

まったく英語が通じない人も多い。

東南アジアの他の国、
たとえばタイやベトナムに比べれば
たしかに英語を話せる人は多いものの、
そこにも限界がある。

あまり外国人が来ない地方に行けば、なおさら。

こうしたことを考えると、
ある程度家賃を出せないと
フィリピンで快適な家を確保するのは
難しいと考えた方がいいだろう。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ