電子書籍プレゼント

マニラの日本大使館にてパスポートの増刷手続きを完了




フィリピンのクオータービザの申請手続きのため、
必要書類の申請にマニラの日本大使館に行ってきた。


ちょうどよかったので、
パスポートの増刷もお願いすることに。

これをやってもらうと、
パスポートのページ数を40ページ増やしてもらえる。

正式には増補申請というらしい。



私のパスポートは10年もので、
最初の5年ぐらいはほとんど使うことがなかった。

それがこの3年弱に様々な国を回ったことで、
残り数ページに。

次の更新までに明らかになくなってしまうので、
この機会に増刷手続きをしてもらうことにした。



手続きはシンプルで、
パスポートの増刷をしてもらうようにいって、
申請書を書いた後、1250ペソ(3000円程度)を払うだけ。

10分ほどで新しくページが増えたパスポートを渡された。



その国の大使館のレベル(もっと言えばその国のレベル)によって
手続完了までの時間が違うという説も
仲間内では流れていたのだが、
マニラの日本大使館は優秀らしい。

シンガポールの日本大使館で友人の増刷手続きに
同行したことがあったが、
この時も同じくらいだった。

国によってはその日のうちに終わらないこともあるらしいので、
これは助かった。



海外を頻繁に行き来する友人の場合、
パスポートは5年物を取得して
最初から増刷してもらうらしい。

それでも5年持たないので、
その段階で新しいパスポートにしているという話だった。

私もこのペースで各国を回るなら、
次回更新時は5年物にしてもいいのかもしれない。



ちなみに、パスポートの増刷は1冊につき1度限り。

何度も増刷を繰り返すことはできないので、
ビザを押す場所がなくなっても2度目の増刷はできない。



増刷の制度は終了?

外務省が増刷を廃止することを検討しているというニュースが入ってきた。

早ければ、来年には実施されるらしい。

となると、今までよりも頻繁にパスポートそのものを
更新しなければいけなくなるのか?

この件で外務省に問い合わせた人の話があったが、
元々ページ数の多いパスポートの発行は
コスト面から無理とのこと。

現行の機械では対応できず、
新規投資が必要になってしまうらしい。

パスポートが頻繁に変わると、
海外の銀行やビザとの紐づけの関係で
かなり面倒な思いをすることになる。

なかなか頭の痛い問題だ。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事