マニラで味噌カツを食べられる店、TONKATU by Terasawa


マニラのグリーンベルトを歩いていたら、なぜか違和感が。

何かと思ったら、以前から何度か行っていた
MA・MAISOMという店がTONKATSUという店に変わっていた。


以前のMa Maisonは日本版の洋食屋で、
ここもかなり美味しかったのだが・・・。

TONKATSUのメニューを見てみたら、味噌カツがある。

とんかつを食べられる店はマニラでも珍しくないが、
味噌カツはレア。

そう思って入ろうとしたところ、先週は満席だった。

ということで改めて行って来たら、
今回は無事に入ることができた。

さっそく目当ての味噌カツを注文。

出てきたのは名古屋で食べたのと変わらない味だった。


これなら日本人が食べても満足できる。

まさかマニラで味噌カツまで食べられるようになるとは。

ここはたびたび来ることになりそうな予感がする。

ちなみに、ご飯とキャベツはお代わり自由らしい。

ますますマニラでの生活が快適になってきそうだし、
食が充実するのは嬉しい。

マニラでは日本食レストランも多いので、
適当な店では生き残るのも難しい状態だし、
今後はよりこだわった専門店が増えるのかもしれない。

そうなってくると、
ますます日本人が住みやすい街になりそうなので
今からかなり楽しみになってきた。

せっかく永住権も取るので(永住はしないけど)、
フィリピンが住みやすい国になってくれるのはとても助かる。

フィリピンで人気のとんかつ

フィリピンではとんかつブームなのか、
とんかつ専門店の出店がその後も続いている。

銀座梅林のカツ丼は甘くて上品な味付けだった。

他にも藪とか、いくつかの店が出ている。

たしかに揚げ物好きな国民性のため、
フィリピンでとんかつがウケるのも納得できる。


■TONKATU by Terasawa基本情報
住所:Esperanza St, Makati, Metro Manila
電話番号:+63277299121



セブにも支店が

TONKATSUはマニラのグリーンベルトだけではなく、
セブのアヤラモールにも進出。



この2つのモールは共にアヤラグループが開発しており、
中庭を中心に雰囲気が似ている。

入っているテナントもある程度共通していて、
TONKATSUの他にもギリシャ料理のCYMA等が
両方で共通している店舗。

まだまだ全国的には未発展の地域が多いフィリピンだが、
マニラやセブの一部は日本人にとっても住みやすくなっている。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事