フィリピンの自宅コンドミニアムでWiiをやってみた


中学ぐらいから、ずっとゲームをやっていない。

時期的には、スーパーファミコンの初期で止まっている。

そんな中、今住んでいるマニラのコンドミニアムの共有施設の中に、
Wiiが置いてある。

ソフトはマリオカートだけなのだが、
20年近くぶりに本格的にゲームをやった。

グランプリのステージはひと通りクリアしたので、
新しいソフトでも買うことにした。

共有施設に置いてあるソフトを持って行ったらまずいが、
買ってきたソフトを置いておく分には問題ないだろう。

マニラのグリーンベルトというショッピングモールで
Wiiのソフトを探してみた。

プレステと比べると明らかにソフト数が少ない。

これまで、Wiiでどんなのが売れたのかと思って
ネットで調べてみると、
どうも最近は売れていないらしい。

ヒット作は何年も前のものばかり。

Wiiっていつの間にか下火だったのか・・・

なんとなくプレステとWiiとXboxが3強かと思ってたら、
勢力図は全然違うらしい。

過去に売れたソフトも、
Wiiフィットとかマリオ系が中心で、
何だか目新しさがない。

ゲームをするにしても、
わざわざWiiにする必要はなさそうだ。

ただ、プレステを買ったところで、
次の移住の時に持っていくのは邪魔。

確実に捨てることになる。

1年はフィリピンに住むつもりだが、
その後の予定は未定。

他の国に移住する可能性も十分にあるので、
身の回りに物は増やしたくない。

ちょっと悩みどころだ。

できれば、大きな画面でやりたいので、
携帯型はいまいちだし。




業界の勢力図が変わるのは早い

私は中学以降ですっかりゲームの門外漢になってしまったので、
新しく発売されるゲームのハードもよく分からず、
友人の家で何度かプレステをやったことがあるが、
それがどのバージョンなのかも知らない。

いつの間にか勢力図が変わるのは、
どの業界でも起こっていること。

ウェブメディアもかつて隆盛を誇っていたサイトが、
いつの間にか閉鎖されていることも珍しくない。

盛者必衰の理はどこにでも見られ、
たとえば移住先の人気国にも反映される。

変化を恐怖するのか、
それとも変化をアグレッシブに楽しむのかで
人生の質はきっと変わる。

人生そのものがある部分ではゲームのようなものだし、
せっかくなら変化が連れてくるチャンスを
狙っていける姿勢は持っておきたい。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事