電子書籍プレゼント

フィリピンの自宅コンドミニアムでWiiをやってみた


中学ぐらいから、ずっとゲームをやっていない。

時期的には、スーパーファミコンの初期で止まっている。

そんな中、今住んでいるマニラのコンドミニアムの共有施設の中に、
Wiiが置いてある。

ソフトはマリオカートだけなのだが、
20年近くぶりに本格的にゲームをやった。

グランプリのステージはひと通りクリアしたので、
新しいソフトでも買うことにした。

共有施設に置いてあるソフトを持って行ったらまずいが、
買ってきたソフトを置いておく分には問題ないだろう。



マニラのグリーンベルトというショッピングモールで
Wiiのソフトを探してみた。

プレステと比べると明らかにソフト数が少ない。


これまで、Wiiでどんなのが売れたのかと思って
ネットで調べてみると、
どうも最近は売れていないらしい。

ヒット作は何年も前のものばかり。

Wiiっていつの間にか下火だったのか・・・

なんとなくプレステとWiiとXboxが3強かと思ってたら、
勢力図は全然違うらしい。

過去に売れたソフトも、
Wiiフィットとかマリオ系が中心で、
何だか目新しさがない。


ゲームをするにしても、
わざわざWiiにする必要はなさそうだ。

ただ、プレステを買ったところで、
次の移住の時に持っていくのは邪魔。

確実に捨てることになる。

1年はフィリピンに住むつもりだが、
その後の予定は未定。

他の国に移住する可能性も十分にあるので、
身の回りに物は増やしたくない。

ちょっと悩みどころだ。


できれば、大きな画面でやりたいので、
携帯型はいまいちだし。




業界の勢力図が変わるのは早い

私は中学以降ですっかりゲームの門外漢になってしまったので、
新しく発売されるゲームのハードもよく分からず、
友人の家で何度かプレステをやったことがあるが、
それがどのバージョンなのかも知らない。

いつの間にか勢力図が変わるのは、
どの業界でも起こっていること。

ウェブメディアもかつて隆盛を誇っていたサイトが、
いつの間にか閉鎖されていることも珍しくない。

盛者必衰の理はどこにでも見られ、
たとえば移住先の人気国にも反映される。

変化を恐怖するのか、
それとも変化をアグレッシブに楽しむのかで
人生の質はきっと変わる。

人生そのものがある部分ではゲームのようなものだし、
せっかくなら変化が連れてくるチャンスを
狙っていける姿勢は持っておきたい。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ