日本で海外旅行が自由化されて50年が経過した




半世紀前まで、日本人であっても、海外に自由に旅行をすることができなかったと聞くと、隔世の感がある。

今の時代からは全く考えられないし、LCCで気軽に飛び回れる時代からすると、まるで古代であるかのように感じてしまうが、むしろ現在のように海外旅行が自由化されてからの期間というのは、非常に短いことになる。

更に言えば、この10年程度でLCCの普及や、それに伴い各種交通機関の値下げ競争、更にはネットの発達によるホテルの予約サイトであったり、情報の入手経路の多様性。

更には、利便性の高まりといった様々な条件によって、ハードルが下がっている。

もし仮に、私が50年前に生まれていたとして、今のようなライフスタイルを遅れているかと言えば、100%無理だと言い切れる自信がある。

幕末や明治時代にアメリカやドイツに渡った人のように、恐ろしいまでの執念を持って海外に渡航しようとはしないだろうし、何十日もかけて船酔いと戦いながらフェリーとも呼べない揺れの激しい蒸気船で太平洋を渡る勇気もない。

そう考えてみると、この50年というのは、恐ろしいほどに技術が発達し、更に各国間の国境の壁というのが薄れたことになる。

海外旅行や海外投資というのは、今では当たり前のことになっているが、自由化されてからはまだ思ったほど時間が経っているわけではない。

更にインフラが整ってからは、更に短い期間しかなかったわけで、そういった意味で言うと、現代というのはかなり特殊な状況とすら言える。

先日は、セブ島からパングラオ島に移動して、そのまま居心地がよかったので一ヶ月滞在し、セブで一週間ほど様々な場所を下見した後で、今度はバンコクで一ヶ月過ごし、続いてはブルガリアやルーマニアに飛ぶが、こんな生活を50年前の人は、想像することすらもなかったのだと思うし、そもそも興味を持ったとしても、調べる方法は本屋や図書館で、書籍にあたるか、情報を持っている人に会いに行くぐらいしかなかったと考えると、圧倒的にハードルが高い。

今でも宿泊先のホテルで、ネットが繋がらない時間が長いと、不便な思いをするしイライラする。

時には情報が得られなくて、はがゆい思いをしたり、危機感を抱くこともあるが、そもそもネットが普及したのなんて10数年前の話で、私が初めてインターネットに接続したのも、高校を卒業した時の春休みだった。

そう考えてみると、これまでのネット歴というのは、約15年ということで、未だにネットを使ったことがなかった期間の方が長かったことになる。

あと数年で、ネットがある生活の方が長くなるとしても、根本的なライフスタイルが変わるほどのインパクトをインターネットがもたらしたことは間違いない。

それに比べると、タブレットやスマートフォンというのは、私の生活を大きくは変えていない。

そうは言ってもタブレットで、漫画や本を読むようになったし、それがあるからこそ活字や漫画に飢えずに、身軽に旅をすることができる。

もしこれが、本や漫画を紙の状態で持っていたら、合計が1000冊を軽く越えてしまうので、とても移動どころではない。

むしろ、マンションの床が抜けないかを心配しなければいけないかもしれないぐらい。

そう考えてみると、あまり影響がないように思えているタブレットというのも、意外に役立っているのかもしれない。

しかしながら、スマホというのはガラケーの時代から考えても、使用方法がほとんど変わっておらず、個人的にはあってもなくてもどうでもいいものとなっている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ