結局フィリピンに引き戻される運命なのか




去年の3月にマカティ生活を終了して、フィリピンを出国した。

HSBCフィリピンの不手際によって、クオータービザの手続きが滞り、本来出国する予定だった日が先延ばしになるというトラブルはあったが、一旦フィリピンでの暮らしはそこで中断されることになった。

特に戻る予定もなく、かといって絶対にここにはもう住まないという決意があるわけでもなく、非常にフラットな状態に戻っただけというものだったが、約1年が経って、投資の視察をしに来たら、パングラオ島が気に入ってしまい、1ヶ月以上滞在することになった。

更に、昨年の年末にも、セブに1ヶ月以上滞在していたので、結局フィリピンに戻ってきているような感じになっている。

どちらもホテル暮らしであって、コンドミニアムを借りているわけではないし、自宅を所有しているわけではない。

しかしながら、マクタン島のプレビルドのコンドミニアムも購入しているので、そちらが完成すれば本来は賃貸に回す予定だったが、一時的に自分が住むということを考えてもいいと思っている。

以前であれば、家賃収入を得ながら値上がりを待って、適当なタイミングで売却益を得て、売りぬくということを考えていたが、極端な話、売却するまでの間、自分の自宅用にしてもいいし、そしてイグジットとしては数年間での売却というパターンでも、それはそれでありかとは思っている。

実際問題として、何年も同じ家に住むということをあまり考えていないので、数ヶ月とかその単位で住むというのが可能性として濃厚。

特に自分の所有する物件の場合であれば、1年契約という縛りがないので、出ていきたいタイミングで部屋を賃貸に回すことができる。

あるいは、賃貸付けを業者に頼んでおいて、実際に部屋を借りる人が表れた段階で、自分は出ていって、その後クリーニングをしてもらうという手もある。

以前であれば、あくまでも投資は投資というスタンスを取っていたが、最近はそこら辺の頑なさは、意味がないという風に感じるようになったし、どんな状況になっても柔軟に対応する事の方が、価値があるのではないかという気がしてきた。

もちろん最初から更新がブレブレというのは論外だし、初期に持っていた計画を変更するのには、それなりの根拠であったり、決意は必要。

いつの間にかグダグダになって、当初のプランを台無しにしてしまったのでは、全く意味がないし、特に感情が揺れるような場面においては、そういった曖昧さを排除しないと、気持ちに振り回されて冷静な判断ができなくなってしまう。

しかしながらそうした前提を踏まえるのであれば、あえて計画を変更するというのも、一つの修行になるだろうし、結果的に自分の資産の価値を最大化することにも繋がっていく。

こう考えてみると、クオータービザを取得することができて、もう何年でも滞在し続けることができるフィリピンというのは、非常に私にとって強力なパートナーとなっている。

更に言うと、セブ島やパングラオ島の活用の仕方についても、それぞれに1ヶ月以上滞在して、色々と練ることができた。

セブについては、タリサイやリロアンのような、あまり日本人に馴染みがないところについても、セブ在住の方から良法を得ることができて、そういったものも後押しになっている。

もう一つのリタイアメントビザを持っているマレーシアについては、もはや移住先としての価値は低いと思っているし、今後住む場所としては、有力候補にはなっていない。

それに対しフィリピンというのは、今後も縁が切れることなく、色々とかかわりが続いて行きそうな予感がする。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ