フィリピン人の通勤事情




マカティに住む前、
エルミタやケソンのホテルに泊まったり、
タクシーでの移動の際に街を見たりしていた。

決して裕福そうとは言えない家も多いので、
こうした所に多くの人は住んでいるのだと思っていたが、
実際にはそうでもないらしい。


たとえば、フィリピン・マカティのメインストリートである
アヤラ通りのオフィスに勤めるホセの話だと、
半数のスタッフはマニラの北部と南部の郊外に住んでいて、
片道1時間30分ほどかけて通勤しているらしい。

マカティ地区は基本的に外国人向けの街になっているので、
ここに住むのが厳しいのは分かるのだが、
そこまで離れたところに住んでいるとは。

しかも、通勤はバスやジプニーを乗り継ぐので、
かなり大変らしい。


このオフィスのあるエリアは
マニラの中でも給料は高い水準にある。

つまり、他の地域はもっと所得水準が低くなるので、
ますますマニラ市内に住んでいる割合は
低くなるのかもしれない。



ただ、郊外にしか住めないというよりも、
フィリピン人は家族と暮らしていることが多いため、
家が元々郊外にあるということが多いそう。

しかも大家族であるために
簡単に引越しもできないので、
こうした通勤事情になっているらしい。

なんだかバンコクからアユタヤに通勤するぐらいの
長時間通勤になっているのだが、
首都から郊外に出てくるバンコクーアユタヤと、
郊外から首都にやって来るマニラでは方向は真逆。

ただ、この辺も投資チャンスは色々ありそうな。

フィリピンの場合は利便性に問題がある点が少なくないので、
この辺にはチャンスがあるのだろう。


住んでみると、様々なことが見えてきて面白い。




本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ