バタワースでの宿泊をやめにした理由


ペナンに行く際に対岸にあるバタワースという町に寄ろうかどうかということを考えていた。

一般的にペナンと聞いて普通の人が考えるのはジョージタウンと呼ばれる島の側。

バタワースというのはそのジョージタウンと海を挟んだ反対側ということになる。

私はイポーからペナンにバスで行く予定だがクアラルンプールからそういった移動手段を使う場合であっても一旦はバタワースというところによってそこからフェリーでペナン島本島に渡航すると言うことになる。

こちらは地図で見ても距離は近いようだしフェリー代も1.2リットンということで非常に安いので恐らくたいした距離はない野妥当と思う。

それはそうとして折角なのでバタワースで一泊をしてその町の様子も見てからジョージタウンのある本島の方に移るというのもいいのではないかと思ってホテルをいくつか見ることにした。

しかしながらアゴダという予約サイトをみてみるとこのバタワースの側は非常にホテルが少ない。

逆にジョージタウン側はホテルが密集しているエリアというのが島の東側から北側についてあっさりと見つけることができた。

そしてバタワースのホテルのレビューをみていたら回りに何もないとか食事をする場所を見つけるのが大変だったとかそういった乾燥が書き込まれていた。

これをみて感じたのはバタワースにいったところでただ単に土地が広いだけで何することがないのではないかということ。

これがはじめての国であればそれでもその雰囲気を味わうとか空気を吸っているだけでも十分にわくわくしたりあるいは旅の高揚感を味わうことができる、

しかしながらこのバタワースの所属するマレーシアというのは私にとって二年以上住んだ国で今となってはまったく目新しさはない。

実際のところイポーに来ても以前みたことがあるような景色がひたすら並んでいるだけでジョホールバルトの違いを見つけることはできるもののそれによって心が躍るかというとそこまでの感動を得ることはできない。

恐らくバタワースでも同じ事が起こるであろうという予測からそこでの宿泊というのはやめにしてさっさとペナン本島に入ってそしてこちらは海が飽きた段階で切り上げて次の町に行こうと思う。

残念ながら私はビーチリゾートにあまり意味を感じないし、最近までフィリピンのプールがあるコンドミニアムに住んでいたので泳ぎたいという気持ちもない。

実際ペナンに行ったところで特に海にはいる予定もないしそもそも水着は捨ててきてしまった。

どちらかといえば緑の多い場所に行きたいのだがそういった場所というのはそもそも観光客向けでないことが多いしアジアにおいてはある意味あきらめている。

おしゃれな村とか美しい村と呼ばれるところはヨーロッパにもたくさんあるのでそういった国に行った時に訪れようかと思う。

特にイギリスやフランスの首都校外の村であればそういったニーズも満たしてくると思うのでそこらへんに期待してひとまずペナンは最初から本題に入ってみようかと思う。


ページの先頭へ