永住を前提としない海外移住




マレーシアに移住した当時、
そこでの生活はおそらく1年か2年になると予測していた。

明確な根拠があったわけではない。

漠然と、そのくらいになりそうな気がした。

その予想は当たり、
2年後にはフィリピンに移住することになった。



最初から永住を前提にはしていなかった。

あくまでも試しに住んでみるという感覚で、
マレーシアに住んだ後に日本に戻るのか、
他の国に行くのかは未定。

ただ、マレーシアに移住して少したったら、
もう日本に戻ることは当面ないことを悟った。

この先数年か、数十年は海外で暮らすことになるのだと、
私はそこに快適さを感じるのだと理解した。



ただ、それはマレーシアでずっと暮らすというのではない。

あくまでも、それは通過点。

そもそもの話として、
私には永住という思想が今のところない。

いずれは一箇所に腰を落ち着けるかもしれないが、
当面は色々なところに住んでみたい気持ちの方が強い。


「地球は壮大な実験場」と言われることがあるが、
私は地球を使って自分の人生を実験しているのかもしれない。

どこに住むとどんな生活が待っているのか、
その疑問を解消することが最優先で、
変わり映えのしない生活を送ることに興味が持てない。

というより、
日本で暮らしている時が変化がなかったので、
その反動である気もする。

とにかく永住は考えていない。



多くの海外移住者は最初から1箇所に住み、
そこでの生活が終われば日本に戻ることを選ぶ。

それはそれでいいと思う。

特に家族がいたりしたら、
好き勝手に動き回るわけにもいかない。


私は昔から「皆と同じ」であることに価値を感じなかったが、
海外移住者の中でもはみ出した存在なのかもしれない(苦笑)。

それも私らしいかと。



基本的に永住を目的にする場合と、
そうじゃない場合の違いはビザだけ。

安定して特定の国に住めるビザが永住には必要なぐらいで、
それ以外の点において特に違いはない。


私は海外に出てから各国に移住した人と知り合えたし、
次の移住先を探すために色々な国を調べている。

マレーシアに永住する気だったら、
わざわざ他の国のことを調べたりはしなかっただろう。

結果、期せずして移住については詳しくなってしまった。

正直、こんな記事を書いていること自体、
自分でも予想外だったぐらいで(笑)。



永住を前提にせずに転々とすることを望んでいるなら、
私のやっていることをそのまま参考にしてもらえばいい。

一箇所に永住を希望するなら
もっと簡単に実行できるし、
そのために必要なこともお伝えしていくので、
役立ててほしいと思う。
6永住を前提としない海外移住



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ