HSBC香港の口座開設は難しくなかった




英語力に自信がなかったため、HSBC香港の口座開設の際には、サポート会社に依頼をしていた。

その後の講座の活用ということを考えても、難しい手続きをいちいち自分でしたり、英文や中国語でマニュアルを読んだりするよりは、そこも含めてサポートを受けられる方が時間の短縮につながる。

そういったことを考えると、多少の費用を出してでも、プロのサポートを受ける価値はあると感じていた。

これは、HSBC香港の口座開設だけではなく、フィリピンやマレーシアの永住権を取った時にも感じたことだが、第一線で活躍しているサポート業者は、日々刻々と変わる環境変化を敏感に感じ取っている。

例えば、HSBC香港の口座開設が難しくなった時期もあれば、徐々にハードルが下がってきた時期もあり、更に言えば支店ごとにその難易度というのも、随分と差があるというのが現実のところ。

しかしながら、香港に住んでいるわけでもなく、普段は金融とも無関係に暮らしている人にとって、そういった情報を逐一調べるというのは、非常に困難なところである。

こういった事情というのは、やはりプロに丸投げしてしまう方が手っ取り早い。

その分だけ自分の時間が使えるわけだから、ビジネスに打ち込むなり何なりして、有効活用すれば1~10まで門外漢の分野に、首を突っ込んで四苦八苦するよりも、よほど効率よく合理的な人生を歩むことができる。

私が口座開設をした時には、それほど難しい時期だったわけではなく、HSBC香港の担当者もかなり緩かった。

例えば、サポート会社との待ち合わせに使っていたホテルのロビーに、iPhoneを置き忘れてしまったことを手続き中に気付き、一度席をはずしてそのホテルに戻ったら、幸いなことにソファーに置いてあったiPhoneをホテルのスタッフが保管しておいてくれて、iPhoneのパスワードロックを解くことで、自分のものであることを証明した段階で、返してもらうことができた。

海外で忘れ物をして、それが返ってくるというのは、かなりレアな話しだが、そんなことがあって、HSBC香港の支店から一時的に出ていたが、その間にも口座開設の手続きは順調に進んでおり、特に支障が出ることはなかった。

私以外にもう一組の夫婦も一緒に来ていたので、同時進行で進んでいて、私の方だけ遅れているということもなかったので、一時的な退席であれば、それが不問に終わるぐらいに、当時は基準が緩かったとはいえ、リスク体制等の質問はしっかりと録音はされていたし、その部分の受け答えができないと、いけないということはあった。

但しその時も、サポート会社の社長が横からなんと答えればいいかを教えてくれていて、銀行員もそれについて視界には入っていたが、特に咎めることはなかった。

ここら辺はやはり、かなり緩かったのだと思う。

その一方で、この数年の間に、何度か口座開設のハードルが非常に上がり、難しくなった時期もあった。

しかしながら先日、そのサポート会社の社長と会うことがあったので、話していたところ、そういった時期であっても、しっかりと事前に面接の準備をして望めば、ほとんどのケースにおいて、口座開設は可能だという。

確かに、英語も中国語もできない人が飛び込みで行くと難しくても、想定される問答集のようなものを作っているので、それをきっちりとやりこむことによって、口座開設の成功率は高くなり、ほとんど問題なく済んでいるということだった。

わざわざ香港まで行って、失敗に終わって日本に戻るというのは、かなり損失が大きいので、ここら辺については、目先のお金よりも対局的に物を見る必要がある。

また、サポート会社といってもピンキリなので、一つの視点がダメだった場合であっても、他の視点の選択肢を持っているとか、あるいはどのくらいの頻度でサポートをしているかとか、アフターサービスがどうなっているかということも含めて、会社を選ぶ必要がある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ