伊田が不動産を買うことができた理由




何度もネット上で買いを入れようと思いながら、
なかなか決心ができずにうろたえた初投資。

サブプライム問題後にETFを買った時だった。

まったく頼るものも信じるものもない中で、
一歩を踏み出すのは大変な決意だった。

行動を始めようと思いながら、
何日も実行を先延ばししたのを今でも覚えている。



それに比べると、
これまでずいぶん色々な投資に手を出してきた。

すでに資産は通貨・国をまたいで分散できている。


なぜ、私が複数の不動産まで購入できたのか?

精神的な意味でも、資金的な面でも答えは一致している。



それは、元々私が不動産のようなものを持っていて、
そこから収入を得ていたから。

不動産投資についてはイメージがつきやすかった。


「不動産のようなもの」とは何かと言えば、
ずばりウェブサイトのこと。

メルマガを出すわけでもなく、
問い合わせフォームや連絡先を載せるでもなく、
ただ広告を載せているだけのウェブサイトを無数に持っている。

連絡先も個人情報も載せないので、
問い合わせ対応等も一切ない。

そこから商品が売れたり、
広告がクリックされることで収益が発生するので、
時々メンテナンスをする以外は自動で報酬が入ってくる。



一度しっかり作りこんでしまえば、
その後は毎月収入を生んでくれることに。

まさに不動産の家賃収入のようなものになる。

サイト売買も可能なので、
こちらは不動産の売却益と重なる。

もっとも、サイト売買は盛んに行われているわけではなく、
投資風に言えば流動性が低い状態にある。




初めは自分の時間と労力を使って実験を繰り返し、
決まった方ができてからはパートナーを募り、
利益をシェアする形も作ってきた。

彼らの中には、
本業の給与所得を越える収入を得るようになった人も。

しかも、一定のところまで作業をしてからは、
毎月私に報酬を報告するぐらいしか作業がなくなっている。



いきなり不動産やファンドに投資する資金がない場合でも、
自分の時間と労力を使ってネット上にウェブサイトを作り、
そこから毎月収入を得ることは可能。

その収入で不動産等を購入することもできれば、
生活費や趣味の費用に使うこともできる。


毎月の給料を1万円上げることすら、
サラリーマンにとって至難の業であるのは私も体験済み。

それよりは、資産となるサイトを持つほうが
はるかに現実的で成功率の高い方法となる。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ