海外移住は日本での引っ越しよりある意味簡単




これまでフィリピンとマレーシアに住んできたが、海外移住は、東京から大阪や仙台、福岡等に引っ越しをするよりも、簡単と思える部分もある。

日本国内でも、長距離での転居ということになると、かなり大掛かりな話しになってくるし、家具や家電、身の周りのものの運搬にも、相当な費用がかかってしまう。

また、同一の都道府県内であったり、あるいは隣接するような都道府県への引っ越しであっても、家財道具一式を運ばなければいけないので、それなりに手間がかかる。

更に言えば、引っ越しの前に移転先の部屋も決めなければいけないので、遠くなればなるほど、転居先を決めるためにも、手間とコストがかかってしまう。

場合によっては、移転先に宿泊をして、部屋探しをしなければならないような場合も出てくる。

これに対して海外移住の場合、大抵の国においては、部屋に家具や家電が備え付けなので、そういったものを持ち込む必要がない。

私の初めての海外移住は、マレーシアだったが、この時には機内に持ち込める手荷物だけで移住をした。

主な荷物としては、仕事道具であるパソコンであるとか、その周りの品。

更には着替えであるとか、そういったものが中心で、タオル等の現地で買えばいいものについては、持ち込むことはしなかった。

では、引っ越し先の家はいつ探したかというと、現地に入ってから一先ずは何泊かホテル暮らしをしつつ、その間に見つけることにした。

その為、いちいち日本とマレーシアの間を、行ったり来たりしたわけではなくて、少ない荷物を持って、いきなり向こうに行って、そのままコンドミニアムを探すことにした。

マレーシアからフィリピンに移住をした時も同様で、最初の数日はホテル暮らしをして、その間に部屋を探し、入居可能となった段階で、正式にそちらの部屋に移った。

マレーシアからフィリピンに引っ越しをする時も、飛行機の機内持ち込みのできる荷物のみにとどめたので、どんどん身軽になっていったし、所謂断捨離が自然に行われていった。

それがフィリピンに住んだ後に始まった、1年半に及ぶ各国でのホテル暮らしの基礎となっていたが、ある意味で言えば、家具家電付のコンドミニアムというのは、ホテルに近い感覚で住むことができる。

いちいち大きな荷物を持って、トラック等を借りて、引っ越しするようなことがないので、国境を越える場合でも意外と気楽。

もちろん海外移住をするとなれば、ビザの問題等も考えなければいけないし、会社に雇われているのであれば、仕事のことも考慮する必要がある。

その反面で、リタイアメント層であるとか、私のように仕事の場所が固定されていないようなケースであれば、海外移住というのは思いのほか簡単にできる。

初めから永住をするほどの決断ができないのであれば、とりあえずはフィリピンやマレーシアのように、ビザなしでも1年ほど滞在できる国を選んで、試しに住んでみるというのも1つの方法。

フィリピンであれば、自動で観光ビザがパスポートに押されるので、それをイミグレに行って更新すれば、最大で2年まで滞在することが可能。

以前と違い、この観光ビザの更新も、最大で6ヶ月まで一度に更新できるようになったので、頻繁にイミグレに行く必要がなくなった。

ちなみにマニラのイミグレ、つまり入国管理局は、イントラムロスというマニラ大聖堂や、サンチャゴ要塞の近くにあり、セブのイミグレは、セブシティマンダウェイ地区にある、ジェイモールというショッピングモールの中に入っている。

この手続きは自分で行く必要がないので、旅行会社や不動産会社等にお願いして、代行してもらうことも可能。

マレーシアについては、1回の入国につき、90日までの滞在が許されているので、90日が経過する前に、一度隣国であるシンガポールやタイ、それ以外の国でもいいので、どこかに一度出て、そこから戻ってこれば、再び次ぎの90日が始まる。

例えば、マレーシアの南の端にあるジョホールバルという町であれば、水道橋を渡ってそのままシンガポールまで行けるので、日帰りで買い物にでも行って戻ってくれば、90日の期間がリセットされることになる。

こういった方法を使って、しばらく住んでみるのであれば、ビザの手配もいらず、それこそ日本国内で下手に引っ越しをするよりも、海外移住の方が、あっさりと完了するとすら言える。

もちろん語学力の問題であるとか、現地の文化への適用とか、食生活であったりとか、様々な要素はあるものの、題して言えば、想像していたよりもずっとハードルが低かったというのが、海外移住をしてみての感想。

特に現地で働く予定がないのであれば、生活自体はそれほど難しいものではない。

それに対して、現地で就労をするとか、駐在員として働くという場合であれば、そのワークスタイルによって、苦労の種類や量も様々ということになる。

現地の人とのやり取りが中心であれば、当然ながら労働観や慣習、その国の文化等に大きく振り回されることになるし、場合によっては苦労が絶えない場合もある。

一方で運転手が付いたり、日本にいる時よりも、アシスタント等が付くことによって、仕事が楽になったと語る人もいるので、この辺はかなり千差万別ということになる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ