ジャカルタの賃貸不動産の家賃について



以前にジャカルタに行ったときに、日本人向けの不動産というのを幾つか見てきた。

賃貸コンドミニアムを見てきたのだが、私が見てきたのはだいたい30㎡から50㎡ほどの広さの部屋で、基本的にはシングルルーム。

月々の家賃としては10万円前後になっていた。

こういったコンドミニアムというのは、ちょうどフィリピンのマニラと同じような雰囲気になっていて、ホテルのような立派なフロントがあって、そして警備員が24時間常駐している。

さらに多くのコンドミニアムで、エレベーターはカードがないと各階に止まることが出来ないとか、そういった形でセキュリティーというのは厳重に保障されている。

部屋はかなり狭いものの、共同のスペースというのは充実していて、プールはもちろんのこととして、コンドミニアムによってはジムであったりテニスコートが完備されているところもある。

ジャカルタというのも非常に土地の価格が高いところだし、私が見てきたのは市内の中心部だったので、テニスコートというのも一階のところにあるわけではなくて、別の建物の屋上に設置されているような形で、やはり土地代というのが高いために、それをいかにして節約するかということを考えられているというのを感じた。

こうした形でコンドミニアムというのはかなりコストはかかるし、更に言うとシーツの交換であるとか掃除に入ってくれるサービスアパートメントになると、だいたい月に20万円ほどかかってしまう。

こうなってくるともうホテルに宿泊しているのと大して変わらなくなってしまうので、金額面でのメリットというのは少ない。

それに対してジャカルタの場合であれば週に2回ほどメイドさんに掃除に来てもらって、月に5000円から一万円程度で支払いが済むということなので、そちらの方が金額だけ見るとメリットがあるということになる。

他にもコンドミニアム以外に外国人が住む場合コスという制度があるらしく、こちらであれば日本で言うシェアハウスに近いシステムになっている。

大きな戸建、つまり一軒家の家を貸し出すというタイプなので、それぞれの部屋を別の住人が借りているということになる。

この場合であれば、コンドミニアムのようなプライバシーが守られるということはないし、基本的に戸建ての場合、防音性がコンドミニアムに比べると劣るということもあるので、なかなか快適に暮らすということは難しい。

その分だけ家賃が安くなるということがメリットとしてあげられて、安いところであれば家賃が15000円程度で住めると言うところもある。

もちろん家賃が安いという場合は現地のインドネシア人とか、そういった所得の少ない人たちが住んでいることが多いので、それだけ治安に問題がないのかとか、あるいはマナーの面で日本人が住んでいて不満がないかといったことはかなり疑問が残る。

こういったコスというのは私も知らなかったので、ジャカルタに行った際も見ることはなかった。

ここに実際問題として住んでみたいとは思わないものの、どういったところなのか一度視察には行ってみたいとは思う。

今度ジャカルタに行ったときにコスを見ることが出来るのであれば、改めてその様子をレポートしたいと思う。


ページの先頭へ