タイでの海外生活を断念した理由




現在はマレーシアに移住し、暮らしている。しかし、本当はタイで海外生活を送りたいと思っている。にも関わらず、それが実現しない理由について語ろうと思う。

タイは海外移住の人気国ランキングでも上位に入るし、過去には1位に選ばれることも多かった。しかし、現在はタイで生活するのなら、ビザを取らなくてはならず、そのハードルが高くなってしまった。

50歳以上になれば、80万バーツ(220万円)の預金か年金等が月に65,000バーツ(19万円)あれば、リタイアメント・ビザを取れる。これでタイでの海外生活を満喫できることになる。

しかし、50歳以下となると一気にハードルが上がる。雇われて就労ビザを取るのでなければ、タイで法人を作り、タイ人を4人程度(業種等で異なる)雇用し、実態のあるビジネスを行わなければならない。

私の場合、年齢は30代だし、人に雇われる予定もない。そうなると、現在のビジネス、あるいは新規のビジネスをタイで行い、現地の人を雇わなければならない。これまで社員を雇わずにやってきたが、初めてのスタッフがいきなり外国人というのはなかなかハードルが高い。

海外生活を送る上で、ビザは重要な要素となる。タイも以前なら簡単に取れたというが、すでに多くの外国人の呼び込みに成功した今となっては、これ以上は必要ないということだろう。その国の戦略や、政権によっても事情は変わっていくので、今のチャンスが続くとは限らないといういい例だ。

50歳以上になると、リタイアメント・ビザを取れる国が一気に増える。しかし、それまでは現地での就職を除けば、ビザ取得が困難なのが一般的。タイも含め、海外生活を始める上で大きな関門となってしまう。

マレーシアはビザ無しでも1年以上は問題なく住める。最近は入国の際に止められることもあり、そろそろMM2Hというリタイアメント・ビザを取ることにしたが、こちらは20代でも取得可能という珍しいもの。

今後、タイで海外生活を送ることを考えると、従業員を4人雇う以外にもう1つの案がある。それは、ビザ無しで滞在できる期間(半年で90日まで、1回の滞在は30日まで)を満たした上で、残りの期間を他の国で過ごすこと。

タイならバンコクでも家賃4万円程度でそれなりのコンドミニアムに住める。それなら、自宅兼倉庫のような位置づけにして、半分ちょっとを海外でホテル生活という選択肢もある。

ただ、ホテルで1年の半分以上を過ごすのは、かなり疲れるだろう。しかも、この方法も何年も繰り返せないと思う。不審な動きとして、イミグレで入国を拒否される可能性があるので。

やるとしても1年程度の生活に限定した方が良さそうだ。海外の中でもタイは過ごしやすい国だし、バンコク移住は文句なしに魅力的。簡単に住めないという事実がもどかしい。




秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ