リスボンでは観光をほとんどしなかった


観光地をいかに効率よく回るかということを主体した旅とは違って、今回のリスボンというのは、ただ毎日だらだらとホテルの中で過ごすとか、仕事をするとか、そういったことがメインになっていて、観光らしい観光というのをほぼやっていない。

というのも、夕方になって、丘の上をブラブラと歩いたり、1回だけモンサントという山に登ったりはしたものの、それ以外というのは基本的にホテルにいただけ。

ちょうどハイシーズンで、ホテルを連泊するのが難しかったため、1泊もしくは2泊おきに移動することになって、その意味で言うと町歩きを強制的にしなければいけないような状況にはあったが、それ以上に観光で回るということはなかった。

とは言っても、リスボンの中心部ロシオ広場から、近い位置にあるホテルに泊まったりもしていたので、結果的にロシオ広場周辺であるとか海沿いまで、更に言えばサンジョルジェ城の近くや、その反対側にある丘、こういったところにも登ったので、意外に網羅した感はあるが、いかにも観光スポットを点と点で結ぶような移動というのはしていない。

エドワード7世公園のすぐそばにあるホテルにも、何回か泊まっていたので、ここら辺を朝の散歩コースにしたりはしていたものの、既に訪れたことのある場所だったので、特別な考えがあるわけではなく、むしろ懐かしい場所という印象だった。

やはり初めて来た時とはもう全く印象が違うというか、ある意味で言えば、とても安定感があるし、残念なことを言えば、飽きてしまっているという部分もある。

これはリスボンに限らず、再度訪れたロンドンでも同じことが言える。

逆にバンコクのような町というのは、何回滞在してもあまり感動が薄れることはない反面、そもそも観光に行ったのはこれもやはり最初の1回だけなので、バンコクの場合はただ単に、だらだらとリラックスをして滞在してるうちに、時間が過ぎてしまっているというだけのところもある。

今のように拠点となる国を持たない場合、どこが帰る場所であるとか、そういった感覚というのはない。

世界のどこにいてもいいわけだし、逆に言えば、どこにいてもアウェイと言えばアウェイになる。

そんな状況においても、ヨーロッパというのはやはり、どこか特別な感じがするし、日本人の感覚として異質なものを感じざるを得ない。

そうなってくると、特別な刺激というか、なにか特殊な出来事を求めてしまうという側面もある。

そういったことが今回のリスボンにおいては、プラスの側面ではなかった。

一度事件に巻き込まれそうになったというマイナスの面では、とても特殊な出来事はあったものの、それ以外はただ単にリスボンの日常を楽しんでいたというだけ。

食事についても、ガイドブック等で調べるわけでもなく、ただブラブラ歩いていて見かけたところであるとか、あるいはホテルの近くで食事ができるような場所を探して、そこで食べていた。

リスボンの食生活というのはわりと単調になりがちというか、鶏や牛や豚のステーキであるとか、あるいはイワシやサーモンを中心とした魚であるとか、そういったものを焼くか、もしくはフライにしたものが中心になる。

そういった意味ではあまり変化のない食生活であったというのは、若干残念だったものの、イカとごはんを赤ワインで煮込んだものであるとか、そういった変わったものを食べる機会もあったので、それはそれでよしとしたい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ