リスボンでは暑くて出歩く時間が減る


ちょうど8月にやってきたということもあって、リスボンは夏の真っ盛りだった。

夕方でも外を歩いていると、27度とか、28度といった気温が表示されている。

こういった気温の中歩き回るというのは、それなりに体力を消耗する。

同じ時期の日本に比べればずっと涼しいし、朝晩はだいぶ気温が下がるので、過ごしやすいとはいえ町歩きに適した気温とは言えない。

例えばダブリンの場合は、道に迷っている間に、2時間ぐらい歩いてたりもするが、それでも心地よく町並みを見ながら散歩をすることができる。

これに対してリスボンで昼間に2時間も歩いていたら、汗だくになってしまうし、まずそんなことをしようとは思わない。

いくら治安の良いポルトガルでも、太陽が凶悪なほどにギラついていることまでは止められない。

そうなると、ジェロニモス修道院やベレンの塔のような郊外に足を伸ばすのも億劫になるし、ロシオ広場は泊まっているAvenida Palace近いからいいにしても、サン・ドミンゴス教会を見に行ったり、ベレン宮殿を見に行くのははばかられる。

本来マニラから比べると、リスボンというのはたとえ8月であっても、5度ぐらいは気温が低いわけだし、そういった意味では快適に感じてもいいはず。

しかしながらよく考えてみると、マニラであっても外を出歩くのは食事の時ぐらいで、1時間丸々歩くとか、そういった機会というのはあり得ない。

そう考えてみると、マニラでそれなりに快適に過ごせていたのは、室内で主に生活していたからであって、リスボンであっても、多少気温が低いとはいえ、やはり外を歩くには30度近い気温というのはかなり厳しい。

結果として朝晩に出歩くぐらいにしたものの、何しろ陽が沈むのが夜9時ぐらいなので、夕方頃に歩いたところでそこまで涼しいわけでもない。

しかしながら、だいぶ陽が傾いてくるので、影になる場所も多いし、影を選んで歩けばだいぶ心地い。

結構リスボンにいる間は、1度も雨に降られることなく、ほとんどの日において、雲すらろくにでない状態だった。

それだけに陽射しがサンサンと降り注いでいる中で、歩くことになったので、日蔭かどうかということは非常に重要だった。

結局、観光らしい観光もほとんどすることなく、以前に訪れた場所をブラブラ歩くとか、そういった形で毎日過ごしていたというのが実際のところ。

ヨーロッパの中でもロンドンやダブリンは、かなり町歩きを楽しんだ印象があるが、リスボンに関してはアジアにいる時と同じで、基本的には室内で過ごして、昼食や夕食の時にちょっと出歩いたりとか、あるいは朝の涼しいうちにブラブラとして、町並みを楽しむぐらいだった。

こういった生活密着型の旅というのも悪くないと思うし、おかげでだいぶ仕事も進んだ。

もっとリスボンでは、遊びに出歩く時間が多いと思っていたので、予想外に仕事がはかどり、結果的にはプラスに働いている部分もある。

今後は、オビドスやナザレを経由して、ポルトまで行く予定なので、その辺の町でもあまり焦らずにのんびりと旅行をする予定。

というのも、こういった気温の中で、次々に移動するというのはかなり体力を消耗するし、そういった予定というのは全て破棄した。

本来であれば、このままスペインからフランスを抜けて、ドイツもしくはイタリアに入ってから東欧に行く予定だったが、そういった陸路の旅というのはやめて、スペインのマドリッドからポーランドのクラクフまで一気に飛行機で移動することにした。

それまでの期間といのは、ポルトガルとマドリッドで、のんびりと過ごせばいいので、あまり焦らずに1つ1つの町をじっくりと楽しんでいこうと思う。

特にポルトガルに関しては、リスボン以外の町再び訪れる可能性というのはそれほど高くないので、今回の滞在でじっくりとその魅力というのを味わってくる予定。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ