ロストバゲージはアジアでは少ない?




2年でアジア20都市以上を旅しても、ロストバゲージは一度もなかった。

海外に移住してから各国を旅する友人が増えたが、
やはり彼らからも聞いたことがない。

預け入れた荷物が紛失したり、
全然別の空港に届いてしまうというのは
どうもヨーロッパやアメリカで多いらしい。



アジアの場合、
管理がいい加減なイメージがあるが
実際はロストバゲージの話を聞くことがない。

原因の1つとしては、
エリアが限られているので乗り継ぎが少なく、
乗り継ぎの際に荷物が別の便に間違って乗せられることが
少ないことが挙げられる。

特に乗り継ぎ時間が短いと、
ロストバゲージが起きる原因になるという。


そして、アジアは先進国に比べていい加減なイメージだが、
どのみちヨーロッパでも空港職員の仕事は大雑把。

それは荷物の取り扱いにも言えることで、
人の荷物を放り投げるのは当たり前だし
先進国ならきめ細やかというわけでもない。

日本は先進国だから丁寧というわけではなくて、
むしろ日本だけが特殊と思ったほうがいい。



そうなると、人の面で言えばアジアもヨーロッパも
ロストバゲージが起こる確率は大差ないはず。

あとは単純に環境の問題になってくるだろう。

乗継便が増えるほどにロストバゲージの確率は上がるので、
直行便に比べるとリスクは上がる。

特に着陸から次の便の離陸までの時間がないと
その確率がさらに上がってしまうことに。



対策としては、
ネームタグを付けておくということがあるらしい。

私はそこまでしたことがないが、
ロストバゲージで行方不明になった荷物でも、
名前や連絡先、便名を書いておけば
持ち主が分かる。

それでもミスの隠蔽で処分されるリスクはありそうだが、
たしかに手元に戻ってくる確率は上がりそう。



究極的なロストバゲージの対策としては、
そもそも荷物を預け入れないこと。

手荷物で持ち込めるギリギリの大きさのスーツケースでも、
意外に多くの荷物を入れることができる。

旅慣れた人ほど荷物は少ないものなので、
そっちを目指すというのも1つの手。


私の友人のあるビジネスマスターは、
海外に行くときも小さなカバンしか持って行かない。

ちょっとそこまで出かけてくる、ぐらいの雰囲気で
国境を越えてやって来る。

そして着替えは現地調達して、
来た時と同じバッグしか持たずに帰っていく。


かなり極端な例ではあるが、
荷物が少ないと身軽になるので体力的にも楽になって
メリットは決して小さくない。

特に物価の安い国に行く場合には、
現地調達というのは1つの方法。



私もバンコクに行くような時には、
行きは最低限の荷物だけを持って行って
現地で服や靴を買うことにしている。

バンコクは物価が安いので、
そこで購入して持ち帰るとちょうどいいので。

帰りは荷物が増えるので、
履いていった靴は捨てて新しいものに変えたりもしてきた。

特に靴はかさばるので。



荷物を小さくまとめて機内に持ち込めば、
ロストバゲージは確実に起こらない。

持ち込んだ手荷物を飛行機の中に置き忘れたら意味がないが、
それさえなければ紛失のリスクはなくなる。



【追記】
某航空会社の乗客が撮った映像がYouTubeにアップされ、
注目を集めた。

というのも、預かり荷物を2階か3階ほどの高さから
次々に下に放り投げているのが映っていたから。

荷物の取り扱いの荒さは広く知られているにしても、
さすがにあの映像はひどかった。


ロストバゲージの確率がどうという以前の問題で、
航空会社に荷物を預けるリスクを感じざるをえない。

1つにまとめずに、バックパックと手持ちのバッグとか、
分散することでノーチェックで持ち込めることもあるので、
そうした手段を講じるのも1つの手段になると思う。



アジアでもヨーロッパでも、
日本のように丁寧に運搬してくれるような国は基本的にない。

飛行機の荷物にしても、
海外配送で物を送ってもらう場合でも同様。

マレーシアの移住仲間が引っ越しの際に送ったダンボールは、
10個以上あったのにまともな状態で届いたのは1つだけ。

なぜかダンボールから袋に移し替えられたものすらあったという。

無事に届く確率は10%程度ということになる。

それが許容されている文化の国の人達を相手に文句を言っても、
解決する見込みは小さい。



ロストバゲージばかりではなく、
こうしたリスクもあることを理解しておく必要がある



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ