電子書籍プレゼント

モントリオールのノートルダム大聖堂に行ってきた



ノートルダム大聖堂を見たかったこともあり、北米を横断する中でモントリオールにも立ち寄ることにした。

一昨日はカナダのオタワからモントリオールへ鉄道で移動して、意外にも夜が遅くなってしまったので、その近くで食事をするだけにして寝ることに。

本来であれば夕方ぐらいに到着する予定だったので、もう少し時間があるかとも思ったが、モントリオールは意外に日が暮れるのが早かったことと、ホテルの看板が目立たなかったので、3往復ぐらいすることになってしまって、そこで時間を取られてしまった。

幸いなことに、ホテルの近くはセントデニス通り (Rue St-Denis)というちょっとした目抜き通りになっていて、飲食店がたくさんあった。

和食レストランも3つほどあるし、他にもメキシコ料理やトルコ料理、イタリアンやハンバーガーの専門店等、食べることには困らない。

今回選んだのはメキシコ料理店で、ブリトーを頼んでみることにした。

当初はナチョスを頼む予定ではあったものの、前菜というか付き合わせで、すでに出てきたので、同じものを注文するのも何だし、そこで色々考えてブリトーを注文した。

カナダに来てからは、基本的に朝食がパンとタマゴだけとか、そういった野菜不足になりがちな内容であるのに対して、ブリトーの中には色々と野菜も入っているので、栄養を補給することができた。

メキシコ料理店を選んだ理由は単純で、他の店と繁盛しているのが外から見てもわかったので、どんな感じの店なのか確かめてみることにした。

実際入ってみても、スタッフはきびきびと動いているし、料理もかなり美味しかった。

このブリトーは皿ごと加熱しているらしく、熱々の状態で出てきた。

これまで香港やマニラ等でブリトーを何回か食べてきたが、基本的に美味しくはなく、ブリトーというとイマイチな食べ物の代表格のように個人的には位置づけていたが、今回は初めて美味しいブリトーを食べることができた。

この店はボリュームもあって、ブリトーを頼むとご飯も付いてくる。

ご飯も普通の白いご飯ではなくて、味の付いたものがちゃんときれいに盛られて出てくる。 

モントリオールの中でも、レストランの集客力は店ごとにまちまちで、その中でもこのレストランは見た限りトップの方に入っている模様。


ノートルダム大聖堂へ

一夜明けて、旧市街まで歩いてノートルダム大聖堂に行ってきた。

カナダの治安の評判の通りにモントリオールも基本的には安全で、一人歩きを心配せずにできるレベル。

ノートルダム大聖堂は入場料の5ドルを払うと、中に入ることができる。

例によって、ノートルダム大聖堂でも入場料がかかることを知って引き返す人の姿も見かけた。

過剰な混雑を防ぐ意味で、 入場料を払うだけの価値を感じている人に入場者を絞るのは妥当なやり方だと思う。

中は青いライトで照らされていて、さらに運がよかったことに、パイプオルガンの演奏もされていて神秘的で荘厳な雰囲気が漂っていた。






ノートルダム大聖堂まではメトロを使うこともできたが、徒歩で十分に行ける距離だったので、せっかくだから歩いて、町並みを見ながら行くことにした。

ノートルダム大聖堂がある一帯は旧市街にあたるので、歴史と伝統のある街並みが続いていて、一方で都市部に関して言うと、マニラのマカティやフォートボニファシオのような、先進的な都会の風景が広がる。

どちらかと言うと、マニラがモントリオールに似ているという方が正確であるものの、どうしてもこれまでマニラに住んでいた影響で、モントリオールがマニラに似ているような錯覚を覚えてしまった。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ