ビエンチャンからルアンパバーンへ移動




ビエンチャンの中心地、ナンプ広場から
ワッタイ国際空港までトゥクトゥクで20分ほど。

いくつかの立派な寺院を横目に見ながらたどり着いた。

ルアンパバーンまでラオス国内での移動なので、
国内線ターミナルの前に付けてもらった。

ターミナルとは言ったが、実際は狭い建物。

特に大きくない駅レベルだし、
チケットカウンターも駅の切符売り場のよう。




行き先の時刻表示もアナログ


国際線ターミナルはそれなりに大きいようだが、
ワッタイ国際空港の国内線ターミナルは貧相だ。


国際線ターミナル


国内線ターミナル


国内線ターミナルの内部

とはいえ、
ここで1つの不安要素が解消した。

実は、この航空券は2日前にウドンタニで取ったばかり。

それもmomondoという初めての航空料金比較サイトを使って。

momondoは英語サイトだし、
実際にチケットを購入したedreamsもそう。

しかも、edreamsからメールは来たがチケットは添付されていない。

多分大丈夫と思いつつも、一抹の不安はよぎった。



ワッタイ国際空港のチケットカウンターで
パスポートを出すと、無事にチケットは発給された。

これでビエンチャンからルアンパバーンまで
無事に移動することができる。

バスでの12時間移動ではなく、飛行機で45分。

助かった。



かなり早く着いたので、しばらくはベンチで待つ。

ベンチが固い。

そして、イミグレを通るが2箇所しかない。

荷物チェックは1レーンだけ。

それも、この時に稼働していた数ではなく、
設備がそれだけしかない。

おそるべしワッタイ国際空港。

本当に首都の空港かと疑いたくなってきた。


出発ロビーという豪華なものもなく、
混みあった待合室が1つあるだけ。





このレベルの空港を見たのは初めてだ。

これがラオスの現状なのだろうか?

ビエンチャンを観光しているだけでは分からない側面だ。



ラオス航空の飛行機に乗り込む。

LCCの機体と特に変わらないが、
噂のプロペラ機ではなかった。





20分遅れで出発し、ルアンパバーンに到着すると、
ものすごい田舎。



町中に行く途中で変わるのだろうか?

空港から町中までは50000kip(約500円)で統一されており、
タクシーチケットを買って(ただし普通の車で)移動。






ホテルに着いたが、
その間も大きく都市化していくことはなく、
食事をする場所があるかも不安なままだった。

ただ、このホテルには感動することになる。




そして、ルアンパバーンのイメージ自体も、
到着時のものから大きく変わっていくことを、
この時には知るよしもなかった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ