リスボンからオビドスへの移動方法と最適な滞在期間




昨日はリスボンから、オビドスに長距離バスで移動してきた。

具体的には、リスボンの北の方にあるカンポグランデという駅にまずは移動する。

Almaria Ex Libris Chiadoホテルから地下鉄で移動できるので、これについては特に問題ない。

ただし、ネットで調べてみると、そこからバスターミナルまでは、わかりづらいというような話もあって、若干の不安があった。

しかしながら実際は、駅を出たらすぐ目の前にバスターミナルがあって、迷うことはなかった。

出口は2か所あって、バスターミナルがあるのはカンポグランデという競技場がある側。

これはドームのようになっているので、電車に乗っている時にも見ることができる。

というのも、地下鉄とは言いながらも、カンポグランデ駅の近くで地上に出るので、その姿を見てどちらの方角かを確認できる。

もし仮に駅を出た時に、大きな競技場が見当たらないのであれば、その反対側に行くと、正しい方向ということになる。

但し問題なのは、チケット売り場であるとか、バス乗り場とか、そういったものがよくわからないという点。

何しろバスがかなり広大な範囲に止まっているので、どこへ行けばいいのかわからない。

私の場合、できることなら1時のバスに乗りたかったものの、無理であれば2時の便で良いと思っていた。

ギリギリ1時前に着いたので、まずはチケット売場らしきものを探して、そこに向かってみると、売場は3か所あった。

しかしながら、それぞれが別会社らしく、人のいる2か所に行ってみると、誰もいない無人のチケットカウンターを指示される。

結局そこには15分以上誰も戻ってこなかったので、その間に1時のバスが行ってしまった。

そして人が来てわかったのは、そこでチケットを買うのではなくて、バスの中で買うということ。

そして、オビドス行きのバスがどこへ来るのかということを聞いてみたが、英語が全く通じない人だったので、さっぱりわからなかった。

一応手振り身振りで、指示はしてくれたものの、どこら辺なのかというのが、言葉がわからないと理解できない。

何しろその人の指指してる方向というのも、いくつものバス乗り場があるので、ということで、まずは2時まで時間を潰そうということで、駅に戻りしばらくはそこの駅内にあるカフェで、弱虫ペダルという漫画を読んでいた。

こういう時にiPadに大量の漫画が入っていると助かる。

弱虫ペダルのクライマー対決の東堂が制したところで、2時前になったので、もう一度バスターミナルの方に戻ることにした。

停まっているバスの行先をチェックしてみたりはしたものの、全く見つからず、バスの運転手らしい人に聞いてみたら、メインのバス乗り場の方ではなくて、高架線をくぐった反対側にあると言われ、白いバスを指指された。

そちらに行ってみると、それがオビドス行きであることが判明。

現金で7.6ユーロを払い、そのバスに乗ると、2時過ぎになって出発をした。

但し、オビドスまではノンストップではなくて、途中で一回停まったため、そこで危なく降りそうになった。

結局、リスボンからちょうど1時間ということで、3時到着の予定が、3時15分ほどに延長され、オビドスに到着。

1度は通りすぎるような形で、移動していたので、あの城壁の目立つ高台に行ってみたいと思ったものの、オビドスはあそこではなくて、他の場所かと思っていたが、バスがロータリーを回ってそちらに向かったので、やはりそこがオビドスであるということがわかった。



オビドスは日帰りではもったいない

リスボンから片道1時間程度でアクセスできるオビドスは、
日帰りで訪れるのが定番の村。

しかし、これはもったいない。

一泊だけでもしてみれば、
この村の違った一面を見ることができる。


日中は狭い道に所狭しと人があふれるオビドスだが、
観光客のいない朝はがらがら。

人影もろくにないほど。

この村の本当の美しさがあらわになるのは朝。

ホテル代もリスボンと大差ないし、
宿泊していくことを強くお勧めする。

早朝の澄んだ空気の中で小道を歩き、
城壁の外側に出てポルトガルの田舎を
小高い丘の上から眺めるのもいい。

日中は観光客で常にガヤガヤしているので、
朝のオビドスはまったく違う側面を見せてくれる。


私は3泊の後、
リスボンには戻らずに北上してナザレを目指す。

その後はコインブラ、ポルトとポルトガルを縦断し、
次はマドリッドへ飛ぶ予定。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ