海外旅行に行ったことがない人にお勧めの国




これまでに、海外旅行に行ったことがない人に、初めてどこかを訪れたいということであれば、選択の際に押さえておくべきポイントが3つほどある。

それぞれについて、まずはざっくりと見ていこうと思う。


まずは安全な国であること

日本の治安は世界一であると言われるが、地域制ということで考えると、日本の中で危険なエリアと、海外の中でも安全な町ということなら、時には日本の方が危険ということもある。

何にしても、これまで海外旅行に行ったことがないのであれば、まずは安全な国に行ってみることをお勧めしたい。

日本では飲食店に入って、荷物を置いたまま席を離れるということも、それほど抵抗なくできるし、席取りのためにこのようなことをする人もいるが、基本的に海外でこういった行為というのは、置き引きを誘発しているようなもので、リスクが高すぎる。

こういった日常的な動作を含めて様々な面で、海外に出た時というのは、独特な安全意識というものを持たなければいけないし、初めての旅行で、いきなり危険なところに行くというのは、考えなければいけないことが多くなりすぎて、旅を楽しむ余裕がなくなってしまう。

そういった意味で言うと、最低限治安の良いところでまず慣れて、その上である程度リスクもあるような国に行くかどうかということを考えたらいいと思う。

又、治安が悪いということは、盗難等のトラブルが起きやすいということでもあり、又怪我等をして病院に行かなければいけないとか、そういった事態まで起きてくると、海外旅行の経験値が低い状態では、パニックになり兼ねない。

治安の悪さというのは、トラブルが起きやすいということでもあり、そしてトラブルが起きれば、その結果として対応が必要になるので、そういったことも考慮しておく必要がある。


親日的であること

ことさらに、日本人が優遇される必要まではないが、やはり反日ムードがあったりすると、初めての海外旅行で嫌な思いをすることになり兼ねないし、予想外のところでトラブルに見舞われることもある。

そういった意味で言うと、それなりには親日であるか、もしくは無関心であるような国への渡航というのが安全なところ。

これは、先程の治安ともつながるところなので、一まとめにして考えてみると良いと思う。


言葉の壁が低いこと

3つめの条件としては、英語が通じる国か、もしくは日本語がいくらかは通じるような国であれば、これまで海外旅行に行ったことがなくても、比較的溶け込みやすい。

日本語も英語も通じないということになると、さすがにコミュニケーションが厳しい。

私がこれまで渡り歩いてきた国の中でも、英語力というのは国によってまちまちだし、ヨーロッパであってもほとんどの国民が、英語をしゃべれないような場所もある。

例えばスペインやポルトガルというのは、比較的英語が通じないことが多い。

アジアの中では、中国がその傾向にあったし、ひどい時には、ホテルのフロントですら英語を話せず参ったことがある。

逆にそれ以外の国に関しては、ホテルのレセプションで英語が通じないようなことはほぼないし、カタコト英語がしゃべれるだけでも随分と役に立つ。

又、一部の国では、日本語を話せる人が時々いたりするので、英語が話せないという場合は、こういったエリアも検討する価値がある。

ちなみに、日本語を話せる人が比較的多い国としては、タイやフィリピン、台湾といった国がある。

これらの3つの条件の他にも、日本からの距離とか、物価の安さとか、そういったところで考えてみると、又気軽に海外旅行に行ける国というのが見つかってくる。

具体的に言うと、タイのバンコクなどは治安が良くて親日的であり、ホテルのスタッフであれば、ほぼ英語が通じるし、日本語を話せる人も比較的多かったり、中心部のアソックや、その隣り駅のプロンポン駅、あるいはトンロウ駅の辺りは、日本人がたくさん住んでいるので、飲食店でも日本語のメニューがあったりして、非常にハードルが低くなっている。

更に市内までの行き方というのも簡単で、スワンナプーム国際空港からは、エアポートリンクという電車を使って市内に入り、後はそこから地下鉄やスカイトレイン等に乗り継ぐことができるし、ドンムアン空港の場合には、1回バスに乗ってからBTSというスカイトレインや、MRTという地下鉄に乗り換えることができる。

どちらの空港の場合でも、タクシーで市内中心部まで1000円ほどなので、電車の使い方が分からなければ、タクシーを使う手がある。

こういった観点から見てみると、タイの中でもバンコクというのは、海外旅行に行ったことのない人が、最初に訪問する国としてはハードルが低く、それでいて観光資源は豊なので、色々と見て回るところもある。

例えば、有名な寺院であるワットプラケオやワットアルン、ワットフォーといったところもあるし、チャオプラヤー川のクルーズ船に乗ったり、あるいはチャオプラヤー川沿いのレストランで食事をしたりとか、あるいは格安の料金でエステやスパやマッサージを受けたりとか、分かりやすい楽しみが多い国となっている。

他にもレディボーイのショーを見るとか、ムエタイの試合を観戦するとか、少々郊外にはなるが、水上マーケットを見に行くとか、象に乗りにいくとか、そういった過ごし方もできて、朝から晩まで遊び尽くすこともできれば、リラックスして心身ともにリフレッシュすることも可能。

まずはこの辺りで海外旅行に慣れて、行きたかった国を制覇していくというのが、バランスとして良いように思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ