ニューヨークのハーレムはマニラを思い出す




今回空港からバスに乗って、125ストリートの駅のところでバスを降りた。

そこから今度は、地下鉄に乗り換えて、更に北のバンサイド駅を目指すということ。

このバンサイド駅というのは、マンハッタンからハーレムリバーを越えて、ブロンクスに属している。

そして、この125ストリートというのが、いわゆるアメリカのハーレムと呼ばれるエリアの東の方にあたって、正直なところ未だにそこまで治安がいいわけではない。

もっとも昔のように黒人以外が足を踏み入れてはいけないとか、観光客がそこを通りかかったら、ただで済まないとか、そこまで危険ではなくなっているし、実際空港のインフォメーションセンターでも、私の行先のホテルを伝えたら、この125ストリートの駅で乗り換えるように言われたぐらいなので、その程度には安全になってきている。

では、このエリアというのが、どういう印象だったかというと、まず簡単に言うと町並みがあまり綺麗ではない。

具体的に私がイメージしたのは、マニラの中でもマカティとかグローバルシティとか、そういった特別に綺麗に舗装されているようなエリアではない、特に外国人が住まないようなエリア。

つまりマニラの中でも、極端に危険ではないものの、かといって綺麗な地域ではないところと、変わらないような町並みであると感じた。

更に言うと、そこを歩いている人の雰囲気であるとか、治安面での緊張感であるとか、そういったことに関して言うと、マラテとかエルミタ地区に近い感じがした。

つまりマニラの中でもかなり危険なエリアと、同程度と感じることとなった。

こういったところというのは、今回スーツケースを抱えた状態で通りかかったが、とてもiPhoneを出して写真を撮れるような雰囲気でもなく、できるだけ足早に通り過ぎたい感じだった。

地下鉄と言っても実際には高架の上を走っているので、ここら辺もマニラの雰囲気と似ているところがあり、ちょうどマニラの東側にある警察本部の近くのエリアのような雰囲気を感じた。

わざわざハーレムに何度も足を運ぶ必要もないし、今回の滞在中もおそらく行くことはないのではないかと思うが、ニューヨークの北側に宿を取ったということもあって、その滞在中というのは、このハーレムのエリアを地下鉄で毎回通り過ぎて、マンハッタンの南側、つまりセントラルパークであるとか、それより更に南側のタイムズスクエアであるとか、そういったところに行くことになる。

残念ながらアメリカというのは、まだまだそこまで綺麗な感じではないし、先進国でありながら、治安もいいとは言えない。

先進国の中で、唯一経済がうまく回っている国でありながら、こういった矛盾を抱えているというのも不思議なものであるが、移民政策であるとか、更に富の二極化どころか、四極化、五極化と言われるような状態にある場所なので、かなり独自性の強い道を歩んでいるのではないかという風に、今回のニューヨーク滞在で改めて感じた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ