ウドンタニ、バンコク、シンガポール経由で自宅へ

ラオスも最終日となり、
首都ビエンチャンからタイのウドンタニへ。

来る時はタクシーを使ったが、
今回はバスを使ってみることに。

バスは1日に限られた本数しかない。



そして、チケットは当日券しかなく、
朝8時から販売開始だと聞いた。

アンサラホテルを出て、8時5分に行ってみたら、
すでに11時半のバスのチケットは売り切れ。

予想外に狭い枠のようだ。

10時半のバスなら空きがあったので、
そのチケットを買ってホテルに戻った。




ブッダパークに行ったのと同じ道をたどり、
友好橋を渡って国境沿いへ。



ラオス出国のイミグレで一度バスから下りるのだが、
3レーンしかない小規模なもの。

それでも混み合っていない。

シンガポールージョホールバル間に比べると
圧倒的に規模は小さい。


バスに戻り、タイ入国のイミグレで再び下車。

こちらもすぐに手続きは終わったのだが、
問題が生じた。

パスポートに挟んでおいたバンコク行きの航空券が
なぜか没収されている。

邪魔な紙として一時的にどかしただけかと思っていたが、
パスポートを受け取って確認してもなくなっている。

手続きの時は航空券をどかした場所が
角度的に見えなくなっていたが、
横を通るときにそれらしき紙があるのは見えたので、
航空券を返すように言ったら戻ってきた。

一体何の意味があったの分からない。

パスポートにはまさっていた
使用済みの航空券はそのままだったし、
あえて未使用の航空券を狙ったのか?

そもそも本人以外が使用や返金ができるのかも疑問。

ただ、係員から見れば目の前に置いているので、
忘れるとも思えない。



そんな一件はあったが、
何はともあれウドンタニへ。

今回は郊外のホテルを予約してみたので、
バスが到着した中心部からSamuay & Sonsへ行って昼食を取った後、
そちらで1日をゆっくり過ごした。

2LDKのホテルというより別荘のような感じだった。











中心部からかなり離れるので何もないが、
朝は鳥が数多く鳴いている環境でなかなかよかった。


一夜明けてバンコクへ。

今回の旅で3度目となるドンムアン空港から
スクンビット地区にあるアンバサダーホテルへ。

途中、杖をついた目が不自由な人が2人、
電車に乗ってきたが、
周りがさりげなく席へ誘導しているのを見て、
タイの人の優しさを感じた。

ここまでの旅の疲れが出ていたので、
この日も主にホテルと付近で過ごすことに。







バンコクに来たらほぼ毎回食べるマザークレープを
今回も食べた。

マレーシアにもクレープはあるが、
皮が堅焼き煎餅のようで別の食べ物なので、
ちゃんとしたクレープは貴重だったりする。


そして、旅を終えるべくシンガポール・チャンギ空港を経由し、
タクシーでジョホールバルへ。

なお、シンガポール旅行の注意は以前に書いたので、参考までに。

部屋の前まで来て、鍵が見当たらない。

カバンに入れた記憶はあるのだが・・・

仕方ないので
パソコンや各国の通貨の入った財布を取り出してみたが、
鍵が見当たらない。

まずいと思っていたら、
折りたたみ傘の中に紛れる形になっていた鍵を発見。

旅の終わりに家に入れないという事態は
無事に避けられた。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事