海外移住の際の収入源




「海外に住みたいんです」

マレーシアに移住してから、そう語る人と数多く会ってきた。

やはり、わざわざ海外に出てくるぐらいなので、移住してみたいと思っている人の割合は高い。

その反面、障害となっているのが収入源という話も多い。


海外移住をする場合、収入源は主に3つのパターンがある。



1つ目は現地でサラリーマンをすること。

さらに細分化すると、現地就職の場合と駐在員がある。

現地就職は、現地の人の給料に準じるため、新興国では給料が安くなる。

これに対し、駐在員は日本国内で就職し、海外に派遣された場合で、日本国内の給料+各種手当てのため、一般に日本国内での勤務よりも待遇は良くなる。



2つ目は場所にとらわれない仕事をすること。

たとえば、私の場合にはパソコンがあれば仕事ができるため、どこの国に住んでいても、あるいは旅をしていても困らない。

別にパソコンに詳しいわけでもないし、ネットが得意なわけでもない。

むしろパソコンは苦手ですらある。

それでも、ネット上で販売代行を行うことによって、上場企業の役員報酬程度は稼げるようになった。

この点については、メール講座の中で詳しく語っていくので、ここでは省略する。



3つ目は年金収入。

リタイアメント世代がこれに該当する。

海外に住んでいても、日本の年金は受給できる。

そのため、物価の安い国に移住すると、年金だけでも十分な生活ができることになる。



これ以外にも、投資の収益を得て暮らしたり、貯金を切り崩して生活する人もいる。

ただ、これは十分な蓄えがある場合に限られるので、年金を受け取れる世代を除くと、現実的には1つ目か2つ目の選択肢を考慮する人が多いだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ