安全とされる台湾・台北の治安にも4つの落とし穴が




台湾桃園国際空港に降りてから台北で過ごしている間中、
噂に違わぬ治安の良さを実感した。

しかし、手放しに安全と言ってよいかと言えば、
少々気がかりがあるのも事実。

実際、私は身の危険を感じる場面にも遭遇した。

台北でも、台中でも。

そんなこともあり、台湾の治安について
台北で過ごしてみて感じたことをまとめておこうと思う。



夜市はどうしても無防備に

午後7時の士林夜市
士林夜市や寧夏夜市、
さらに名前の分からない夜市にも行ったが、
注意しているつもりでも人混みの中買い物や食事をするとなると、
どうしても隙ができてしまう。

特にカバンを持って行く場合、
死角に入ってしまうタイミングもできてくるし、
食べ物を買えば落とさないように持ったり、
支払いをしたりもすることに。

おのずと貴重品から視線が外れる上、
人とぶつかることも多いため
スリの被害にあっても気付きづらい。

今回は幸いにもそのようなことはなかったが、
注意してもしきれない部分はあると実感した。

実際、台湾でも夜市のスリは多いらしく、
治安が悪いと言っても軽犯罪ではあるが、
相当注意しておかないと防犯が厳しい印象。

中には近くのコンビニでビールを買い、
飲み食いをする人もいるが、
警戒心がゆるむと危険なため、
最低限の現金だけを持って行く方がいいかもしれない。



タクシーは台北でも・・・

台中に移動するため、バスターミナルへ
世界的各地でタクシートラブルには見舞われたが、
台湾でもタクシーの評判は決して良くない。

特に夜は女性1人ではもちろん、
男性でも1人では乗車を回避したほうが無難という話も。

私は台湾桃園国際空港からバスで移動し、
到着したバス停でタクシーを拾った。

何しろ雨がひどく、スーツケースが水浸しになりそうだったので。

中にはパソコンやタブレットも入っているため、
濡れて壊れても困る。

このタクシーは特に問題を起こしはしなかったが、
その後はタクシーは避けて地下鉄で移動した。

台北市内ならタクシーで大抵のところに行ける。

故宮博物館には士林駅からバスでアクセスした。

たしかに台湾の治安を語る上で
タクシーは脅威の1つではあるものの、
台北市内ならそもそも乗車を避けても
移動手段に困らないのは嬉しいところ。

バンコクやシンガポールもそうだが、
やはり地下鉄やスカイトレイン等が便利な街は移動が気楽。



運転が荒いバイク

台湾のバイクレーン
台北の街では二段階右折が義務付けられているため、
バイクの動きがイレギュラーだったり、
そもそも運転が荒かったりする。

そのため、交通事故に気をつける必要があることを
台湾滞在中に何度か感じた。

東南アジアでは珍しくないことだが、
台北も似たような状況。

特別な用心は必要ないが、
やはり基本的な注意はしておいた方がいいだろう。

交通ルールを順守していれば安全とは限らないので、
常に周囲の状況には目を配る必要がある。

たとえば、台中では一度原付きに轢かれそうになった。

右側通行なので右折が日本の左折に該当するが、
信号が青なので横断していたところ右折した二人乗りの原付きが
そのまま突っ込んできた。

こちらは走っていたわけでもないし、
イレギュラーな動きも取っていなかったので
止まるなりよけるなりするかと思いきや、
進路を変える様子がなく、
ギリギリのところで後ろに飛んで自己を回避できた。

原付きはそのまま走り去っていき、
近くにいた人に中国語で何か話しかけられたが、
表情や声のトーンから「大丈夫か?」という安否確認だったのだと思う。


台中ばかりではなく、
むしろ台南の方がバイクの交通事情は悪いようで、
中山路と青年路、公園路、開山路、民生路が交わるロータリーは
一瞬ハノイに迷い込んだような気分になった。

もっとも、さすがにハノイほど横断が修羅場ではなかったが。

どちらかと言えば、
台北の方がこのあたりは整備されている印象で、
台中、台南と南下すると難易度が上がる感じがあった。



ぞっとした犬

台北郊外にある象山自然道。

ここに行く途中で犬に追われた。

以下は現場付近の画像
治安に不安を感じた象山自然道付近

追ってきたのは野犬ではなく、飼い犬。

離れたところから見ていたら、
犬の散歩に来た人が犬に吠えられ、
すごすごと来た道を戻っていった。

この飼い犬、一頭は首輪で繋がれているが、
それ以外は放し飼い。

しかも塀がほとんど崩壊していて、
拘束されている一頭を除けば外に出放題。

実際、この時にも2頭の犬が犬連れの人の後を追っていた。


嫌な予感がしながらもその道を通ったら、
中でも身体が大きく、ずんぐりした黒い犬が吠えながら追ってきた。

スピードがありそうな体格ではないが、
噛む力は強そう。

いかにも追いつかれたらまずい感じだったので、
急遽全力疾走する羽目に。

寿命が縮む思いだった。


幸いなことに振り切ることができたが、
象山自然道の散策を楽しむ体力は残っておらず、
台北101を眺めたら早々に街に戻ることにした。

不意の全力疾走は思いの外のどが渇いて仕方なかったので。

もちろん帰り道は行きとは別の道を使った。


ちなみに海外で犬に追われたのは初めてではなく、
10年以上前にポルトガルで追われたのを皮切りに、
マレーシアやタイでもそんなことがあった。


いざというときの連絡先

台湾が面白いのは、
緊急連絡先が日本と同じであること。

つまり警察は110番だし、消防や救急車は119番。

治安が悪い国ではないとはいえ、
何かあった時の連絡先が日本と変わらないことは
頭の片隅にいれておくと安心。


なお、私が台北に滞在している間に、
台北101の近くで救急車に乗せられた男が
警官に怒号を発し続けている場面に遭遇した。

そういったことも実際にあるので、
治安が良いと過信はしすぎないことをお勧めしたい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ