各国を転々としながら暮らすための方法




今日はこれまで四か国を転々としながら暮らしている人と会ってきた。

ワーキングホリデーを使っているとか、リタイアメントビザを取っているわけではなく、私と同じ30代でありながらこれまで香港とインド、そしてミャンマーとフィリピンで暮らしてきていて、いま現在はマニラで、工場関係で経理をしているという話だった。

この人の話を聞いていても分かるところだが、一番簡単にその国に住む方法というのは労働者ビザを取得するという方法。

特に30代の場合、殆どの国でリタイアメントビザを取ることが出来ないうえ、よほどの富裕層でもなければ、投資家ビザ等も色々な国で取得することが出来ないので、やはり一番ビザのハードルが低いのは労働者ビザということになる。

それ以外にちょっと裏技のようなところでいえば学生ビザ等を取れるような国もあるので、タイ等であればそういった手もあるものの、費用は掛かってしまう。

何しろ各国で学校に行かなければいけなくなるので、これはなかなか使い勝手が良いとは言い難い。

それに比べると労働者ビザというのはその国で仕事を見つけることさえできれば取れる訳なので、日本にいてサラリーマンをやっているとか、もしくはもっと言えばフリーターで今後の先が見えないということであれば、そういった選択肢を見つけることによって、色々な国に住むという体験をすることが出来る。

逆に私のように自分でビジネスをもっていて他人の元で働く気が一切ないという場合は、労働者ビザというのは原則として取ることが出来ないので、却って移住先というのは絞られてしまう。

例えばオーストラリアのような国を考えた場合、労働者ビザで入ることはそこまで難しい訳ではないものの、それ以外で入ろうと思うと、投資家ビザ等のハードルは非常に高い。

オーストラリアであれば、労働者ビザがそこまで簡単なわけではなく、オーストラリア人が出来ないような仕事であると認められるものでないといけないので、例えば日本人の枠であれば、日本料理屋であるとか、そういった限られた職種に限定される。

そのため、ある程度競争はあるとはいえ、資金を作ってオーストラリアで投資をしたり、或いはビジネス興すことでビザの申請を認めてもらうことに比べれば、はるかに低いハードルということになる。

基本的には先進国であるほどに移民の流入という問題については敏感だし、特にヨーロッパであるとか、こういった国というのは自国民の雇用が現実に脅かされているということがあって、とてもそこら辺にはセンシティブになっている。

そうはいっても世界のかなりの国で日本人が労働者ビザを取るということは現実に可能だし、料理人等のちょっとしたスキルを持っている人であれば、尚更そのハードルというのは下がっていく。

それによって様々な国でビジネスビザを取りながら、飽きたら次の国に移動するということの方が、日本で中途半端なポジションでサラリーマンをやっているとか、フリーターをやっているよりはいくらか未来があるのかもしれない。

少なくとも日本の場合はサラリーマンとして一度キャリアの王道から外れてしまうと元に戻れないとかそういった問題もあるし、フリーターであれば年齢が来たら仕事がなくなるということもある。

それであれば、海外に出てあまり待遇や条件にこだわらずに自分の好きな国で暮らすということも、今後の生き方の選択肢の一つなのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ