タイの物価が東南アジアの中でも安い理由が判明




タイの物価は他の東南アジア諸国と比べても
割安な傾向にある。

一般的なイメージだと、
経済力のない国ほど安くで物を買える感じがする。

そうでないとその国の人も生活できないわけだし、
人件費の安さも反映されるのだから当然のことだろうと。



しかし、それだけで物価が決まるわけではないし、
現にタイは東南アジアの中でもシンガポールに次ぐ経済力を誇る。

シンガポールは一国だけ飛び抜けてしまっているし、
あそこは東京23区程度の国土しかなく、
世界的に見ても小さな国で金融等の利権を活用し
イレギュラーな発展を遂げた国。

その意味で、定石通りの経済発展を遂げた国の中で、
タイは東南アジアの盟主とも言える存在。



では、タイの物価はどのくらいかと言うと、
まず屋台で食べる食事なら一食100円弱から。

和食レストランに行っても500円程度から定食を頼める。


これはマレーシアやフィリピンに比べても安め。

競争原理が働いているのも1つの要因だし、
人件費もプラスに働いている。

というのは、バンコクでも飲食店なら時給100円程度で
人を雇うことができる。



これはマレーシアよりもなぜか安い。

タイは人口が7000万人弱で、
マレーシアは3000万人台しかいない上に資源豊富なので、
その辺がこのような意外な結果につながっている。

人件費が安いということは、
もろもろの費用が安いということ。

マッサージやタクシー代が異常に安いのも、
こうした背景がある。


バンコクでマッサージを受けても1時間1000円程度だし、
タクシーは初乗りが80円台。

中心部のスクンビットからスワンナプーム国際空港まで
タクシーで移動しても900円程度。

このようにタイの物価の一部は、
人件費の安さが直結している。



ただし、他にも重要な要素がある。

それは、タイは物流の拠点ということ。

東南アジアのへそと呼ばれる位置に国があり、
さらに交通網も発展しているので
近隣諸国の工場で作られた製品が集まってくる。


タイそのものも工業国で、日系企業も多数進出している。

加えてベトナムやカンボジア、ミャンマー等から
様々なものが集まってくる拠点のため、
物流コストが安い。

そのため、タイよりも貧しい周辺の国に比べて
不思議と物価が安かったりする。

服や靴は特にその傾向にあるため、
バンコクに行く際にはつい買いすぎてしまう。


靴はかさばるので、
履いていった靴を捨てて新しいものに替えて帰ることもしばしば。



こうした事情があるので、
服や靴の物価はマレーシアやフィリピンに比べても
明らかにタイの方が安い。

これは独自の優位性だし、
今後も当面揺らぐことはないだろう。



ちなみに、タイは物価だけではなく家賃やホテル代も安い。

バンコクで5000円も出せば中級ホテルに泊まれるし、
1万円以下で5つ星ホテルに宿泊することも可能。



住むにしても、中心部のスクンビットから電車で15分以内の位置で
家賃5万円台でコンドミニアムを借りられる。

ジムやプール、サウナ付きの外国人向けの部屋で、
それだけの設備があってもこの金額。

特に最近は世界中でお金を刷っている関係で、
その余った投資資金がバンコクにも流れ込んで
不動産投資熱を過熱させてきた。


結果として、数多くの高級物件が立ち並び、
不動産価格は上がっても家賃はあまり値上がりしていない。

競争が激しいのと、すでに需要を満たして供給過剰気味なので。

投資家としては苦悩の状況でも、
部屋を借りる人にとっては好条件となる。




このように、タイの物価は全体的に安いため、
旅行者にしても生活者にしても快適に過ごせる。

何度もバンコクに足を運び、
プーケットやウドンタニにも行ってきたものの、
他の国に比べて高かったものが思い浮かばない。


治安が良くてのどかな上、
コストもかからないというのはいいこと尽くし。

それは何度も訪れるはずだと改めて思う。



と締めくくろうとしたところで、
タイでも高いものを思い出した。

それはスターバックスのコーヒー。

こちらは日本とほぼ価格が変わらず、
全体的に100円から150円安い程度。


ただ、この価格設定はタイならではなく、
フィリピンやインドネシア等の国でも同様。

スターバックスは新興国価格に下げることはしないので、
物価の安い国だとなおさら高級感が出る。

こちらはブランド戦略の問題なので、
一般的な物価とは若干別の話という位置付けになる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ