電子書籍プレゼント

バンコクの2つの空港からタクシーで市内へ行ってみた


バンコクにはスワンナプーム国際空港とドンムアン空港がある。

両方とも使ったことがあるし、
タクシーで市内のホテルまで移動したりもした。

他にも電車やバスを使うこともある。

それぞれの手段についてまとめてみようと思う。



まず、バンコクと言っても範囲は広いが、
中心部のスクンビット付近のホテルまで
タクシー代は両方の空港とも800円から1000円程度だった。

ただ、渋滞の激しい街なので、
タイミングによっては時間がかかることもある。

そして、他の国と同様にタイもタクシーの運転手は
色々面倒な問題を起こしてくる。


空港からホテルに行く場合は
さすがに他の場所に寄らせようとしたという話は聞かないが、
金額を上乗せしてくるようなことはざら。

バンコクでホテルから空港までではなく、
最寄り駅までタクシーで移動した時にも、
明らかに遠回りして離れた駅に連れて行かれた。

その方がタクシー代が高くなるという理由なのだろう。


残念ながら、タイだから人が良くて手放しに安心ということはない。



しかも私は車酔いもするので、
ますますタクシーには乗りたくない。

車酔いと運転手の二重苦なので。



そんなわけで、バンコクにスワンナプーム空港から行く時には
市内まで直通の電車(エアポートリンク)を使うことが多い。

きれいだし、これまで混んでいるのを見たこともない。

結局同じぐらいの時間で到着できるので、
この方法がタクシーよりもストレスがない。



ドンムアン空港の場合は場所が悪いので、
駅と直通というわけではない。

一度バスに乗って最寄り駅(Mochit駅)まで行き、
そこから電車に乗ることになる。

この時に乗るバスは非常に古く、ボロボロになっている。



バンコク市内は電車網がそれなりに発達しているので、
移動の際には重宝する。

車のように渋滞に巻き込まれることもなく、
先進国並みにきれいな車両で移動できるので。

ただ、ドンムアン空港だと二度手間な部分があるので、
スワンナプーム国際空港よりはタクシーを使うメリットがある。

昼にアソックのFuramaXclusiveホテルまで
320バーツ(約950円)だった。

かと思えば、夜11時頃にMochit駅からトンローの
Grande Centre Point Sukhumvit 55ホテルまで
渋滞がなかったため、500円ほどで到着した。

このあたりは混み具合によって大きな影響を受ける。




なお、スワンナプーム国際空港が新しい空港で、
ドンムアン空港はその前に使われていた施設。

2011年か2012年にスワンナプーム国際空港の容量の関係で
エアアジア等をドンムアン空港に移したため、
こちらも利用する機会ができるようになった。

便利なのはスワンナプーム国際空港なのだが、
こちらは混んでいる分、
入管の手続きで待たされることもある。

そのため、人によってはドンムアン空港のほうが
気に入っていると聞く。


入っている飲食店や設備のきれいさでは
圧倒的にスワンナプームに軍配が上がる。

タイガーエアや多くの航空会社はこちらを利用しているので、
使う機会が多いのはスワンナプーム国際空港ということになる。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事