タイで暮らすメリットの代表的なものは消滅した




海外移住をする人の中でも、タイで暮らすことを選択する人は多く。

継続的に移住先人気国となっている。

実際に私も東南アジアのフィリピンやマレーシアに住んだり、永住権を取ったりしてきたら、タイという国には常に注目をしてきたし、バンコクには頻繁に訪れている。

正に今現在も、バンコクに25日ほど滞在しているところだし、今後も度々訪れる町だと思う。

しかしながら、日本国内に住んでいる日本人の多くが思うような、タイで暮らすメリットというのは、既に失われつつある。

もしくは、完全に失われてしまったといっても過言ではない状態にある。

ではそのメリットとはなにかというと、それが物価や生活費の問題。

何しろ東南アジアの新興国なわけなので、安くで暮らすことができるということが、タイという国について、多くの人が抱くイメージだと思う。

しかしながらその常識というのは、為替の円安への推移は、継続的なタイの物価症状によって事情が変わって事情が変わってきている。

バンコクでの生活費の実態

タイの首都バンコクで暮らした場合の概算額ということを考えてみると、日本人が多く住んでいる、プロンポンやトンロー、エカマイといったエリアであれば、単身者用のコンドミニアムであっても、家賃が7万円や8万円程度はする。

少し広めの部屋にすれば、日本円にして、月々10万円以上ということもざらなので、ただ単に安くで暮らせるという理由でタイにやってきた人は、面喰ってしまう事と思う。

新興国であれば、月に10万円以内で十分に暮らせると思っている人も多いが、かつての円高の時代とは異なり、3割4割は為替の影響で、コストがかかることになるので、その段階ですでに状況が変わっているということは、実際に海外に出てみるとよくわかる。

私もこの数年、既に海外生活を続けていて、為替の影響によって、どれだけ消費マインドに影響が出るかということは、肌で実感してきた。

バンコクのように、頻繁に訪れる町であれば尚更で、以前と同じ価格で売られているものであっても、円換算した場合に、相対的に高く感じられる。

これであれば、日本で生活をした場合であっても、物価の面ではそれほど変わらないのではないかという風に、思ってしまうところまで、新興国の物価というのは上昇している。

タイで和食を食べた場合の金額

プロンポンやトンロー駅の近くというのは、日本人が多く住んでいることもあり、和食レストランも点在している。

各国にあるチャイナタウンのように、この町の日本人街は、明確なエリアが決まっているわけではなく。

店が健在しているという方が、表現としては正しい。

こういったところだと、ランチであれば、700円程度で食べられるものもあるが、ランチの段階から1000円異常するメニューをメインにしている店も多い。

更に居酒屋で、夜に少しビールを飲みながら、食事をしていると、3000円、4000円ぐらいの金額が飛んでいくということは、ごく普通のことなので、日本で食事をしているのともはや変わらない。

確かに、和食を海外で食べる場合であれば、その分だけコストがかかるというのは普通のことではあるが、では一般的な洋食、例えばマクドナルドのようなファーストフードではない、本格的なハンバーガーとか、ピザとか、パスタを食べる場合どうかということを考えても、安めの店であっても、700円とか1000円弱とか、そのくらいの金額はするし、ピザ等であれば、本格的な店は1枚で2500円とか、そういった金額となる。

先日まで訪れていた東欧に比べても、食費というのは決して安くなく、タイで暮らす場合の食事代というのは、新興国だから安いのだろうという常識は、覆されてしまっている。

もちろん、道端で売っているような屋台の食事であれば安いものの、癖が強く、脂っこかったり、味が濃かったり、あるいは香草や辛さが強い料理を毎日飽きずに食べられるかというと、なかなか難しいところ。

現地で暮らすということを考えると、長期的に見れば、やはり食べ慣れた和食や洋食というのは欠かせないし、そうなった場合のコストというのは、決して安くはない。

またバンコク以外でも、チェンマイやアユタヤ、プーケットといった場所も、日本人がタイに暮らす腕で人気の町だが、これらについても物価は上昇しているし、特にプーケットはビーチリゾートを要する観光地なので、生活者に対してというよりも、お金を落としてくれる観光客に向けての、ビジネスというのも多く、相対的に生活コストは高くなる傾向にある。

それでもバンコクで暮らすメリットは存在する

ここまでは、タイで暮らすことについて、否定的な意見を中心に述べることになったが、では私自身はこの国にもう価値がないと思っているのかというと、そんなことは全くない。

実際、本格的に移住まではしていないが、30日というビザなしで滞在できる期限ギリギリまで、バンコクにとどまっているということは、これまでもたびたびあるし、今後もその傾向は続くことと思っている。

又、タイに伊従しようとする人についても、その選択が間違いだとは全く思わない。

というのも、ただ単に安くで暮らせるというメリットは失われつつあるが、生活の質との関係とか、そういったことで言うと、まだまだこの国には十分に魅力がある。

例えばバンコクで、単身者用のコンドミニアムを借りれば、月の家賃が8万円とかそのくらいはするということを言ったが、これは所謂日本のアパートとか、一般的なマンションのレベルの建物ではなく、現地でもかなり高級な類に入る物件なので、プールは当たり前についているし、それ以外にもゴルフのシュミレーターだったりとか、メインストリートまでのカートでの送り迎えとか、スポーツジムとか、そういった施設も充実しているし、治安の為24時間ガードマンが常駐するということも、当たり前になっている。

また物価が上昇していると言っても、人件費はまだまだ安いので、1時間のマッサージを受けてもタイ式まっだーじであれば、250バーツ。

900円ぐらいだった。

オイルマッサージであっても、400バーツぐらいなので、1時間で1400円ぐらいとか、そういったサービスを格安で受けられる環境でもある。

またタイ人は、温厚で人当りもよく、移住先として、人気のマレーシア等に比べても、圧倒的にタイ人関係でのストレスは少ない。

そういったことを考えてみると、タイで暮らすというのは、私にとっても、また少なからぬ人にとっても、まだまだ十分に魅力的な選択肢ということが言える。

結局のところ、どの国、あるいはどの町に住むのがベストかというのは、人によって異なるし、単なる物価の安さを求める人にとっては、価値を失ったとしても、それがタイという国の価値を消失したものとして、みなすにはあまりにも早慶すぎる。

50歳以上であれば、リタイアメントビザを非常に低いハードルで取れる国だし、それ以外にもタイランドイージーアクセスや、エリートカードといった制度も復活したので、私自身もこういった制度を利用して、タイのビザを取ることについては、これまで幾度となく検討している。

今後も重要な拠点の一つで有り続けることは、間違いないだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ