タイのロングステイの条件をバンコク、チェンマイで確認してきた




以前から、タイにロングステイしたいとは思っていたが、ビザのことも含めてなかなか条件が整わずにいた。

しかしながら、2014年にタイランドイージーアクセスや、エリートカードが復活したことによって、移住のハードルは再び下がった。

フィリピン、マレーシアに続いて、ロングステイする先として、現在はタイのバンコクやチェンマイ、プーケットなども視野に入れているが、魅力的な国であることは間違いないので、条件さえ整えば是非とも住んでみたい国として、上位に入っている。


変動が激しいビザの条件

2014年までは、タイにロングステイしようと思えば、学生ビザや就労ビザ、あるいはリタイアメントビザ等が必要だった。

ノービザで滞在できる期限というのは、30日に限られているし、以前であれば半年の間での合計滞在日数が90日と、明確に規定されていたので、ざっくり言うと、1年のうちの半分ぐらいの日数までしかタイに居ることは許されないということになる。

しかしながら現在は、半年間での合計滞在日数の明確な制約というのはなくなり、ある意味で言うと、自由になった反面でイミグレの担当官であるとか、担当の役所の都合によって、厳しく取り締まったり、規制を緩くしたりといったことを、恣意的に出来るようになってしまったので、ある意味では、不透明ゾーンが広がってしまったことになる。

そんなわけで、安定してタイにロングステイをしようと思えば、まずは条件としてビザを確保することが必須となる。

この辺りは、かなり事情が時期によって違っているところで、以前であれば形ばかりの学生ビザを取って学校には行かず、業者が語学学校等と提携して出してくれた書類を使って、学生ビザを取得し、それでロングステイをすることも可能だったと聞く。

しかしながら現在は同じ手を使おうとすると、入国の際にタイ語での自己紹介を求められたり、自分の名前をタイ語を書くように要請されたりといった、出来事もあるらしい。

運によるところもあるとはいえ、安定して暮らす為には、やはりこういった手段を使うのは、リスクが高くなっている。

就労ビザについては、タイは以前からかなり厳しめの条件を出していて、一般的な業種であれば、日本人一人に対して就労ビザを出す為に、タイ人を4人雇用しなければいけないとか、なかなか簡単とは言えない条件を課している。

リタイアメントビザについては、80万バーツの定期預金等を組むだけでいいので、これについては、東南アジア各国の中でも、ハードルが低い一方で、50歳以上という年齢制限を満たさなければ、リタイアメントビザは取れないということで、30代や40代にとっては、タイにロングステイをするというのは、なかなかハードルが高かった。

しかしながら、イージーアクセスやエリートカードを取得すると、それぞれ5年、20年のビザを取得することができるので、この点はある意味で解消されたと言える。

尚、イージーアクセスを取るのには50万バーツ、エリートカードの場合は200万バーツがかかり、この金額については、定期預金等ではなく、支払ったきり戻ってこないお金ということになる。

その為、イージーアクセスやエリートカードを使う場合には、ある程度の資金力があることは最低条件となる。


チェンマイでの生活費

今回チェンマイで3週間ほど滞在し、その後バンコクに1週間ほどいるのだが、やはりチェンマイの方が生活費に関しては、バンコクよりもかなり安い。

体感としてはだいたい6割から7割ぐらいの費用で、暮らしていけるのではないかという風に感じる。

コストの面で差を感じるのは、家賃と食費の二つが大きい。

バンコクでは、いくつかのコンドミニアムを見てきたが、決して広いとは言えないような部屋であっても、日本円にすると10万円超えのコンドミニアムというのも少なくない。

プール等の共用施設は充実しているし、ゴルフのシミュレーターたあったり、大通りまでの送迎サービスがあったりはするものの、部屋の広さと家賃との関係で言うと、日本でもそれなりに高級住宅地と呼ばれるようなところと、張り合えるぐらいのレベルになっている。

それに対してチェンマイの場合、月に3万円や4万円の家賃で、1ベッドルームの部屋を借りたいすることができるので、この点に関しては、半分ぐらいに抑えることも可能ではないかと思う。

家賃が生活費に与える影響というのは大きいので、金額的にかなりの差になってくる。

更にチェンマイの場合、中心部や大通り沿いのような一部を除けば、バンコクよりもかなり緑が多く、空気も綺麗ということで、田舎暮らしをしたいということであれば、チェンマイにロングステイをする方が、ニーズを満たすことができるかもしれない。

もっとも娯楽や食事のバリエーション、利便性等で考えると、バンコクの方が圧倒的に優っているのは間違いない。

食事に関しても、バンコクであれば和食の定食メニューであれば、1000円弱程度が主流になっているし、居酒屋等で夜に少しお酒を飲みながら食事をすれば、普通に3000千円とか4000千円ぐらいはかかるが、チェンマイであれば500円ぐらいで定食のメニューであれば食べられるので、ここら辺もかなり費用が安くなっている。

但し、質の面でもやはりバンコクに比べてチェンマイの方が、低くなってしまうということは否めない。


バンコクの場合の生活費

バンコクでそれなりに、外国人らしい暮らしをしようと思えば、1人暮らしであっても、月に10万円ぐらいの家賃を支払うことを目安にした方がいいし、屋台のタイ料理ではなくて、和食レストランやそれ以外のちゃんとしたレストランに入るのであれば、ランチでも千円程度は平均で必要になる。

夜に少し、シンハやチャング等のビールでも飲みながら、食事をしたいのであれば、特に高いレストランに行かなくても、1500円ぐらいから2000円ぐらいはかかるので、生活費を抑えながら、タイでロングステイをしたいということであれば、そこそこ節約意識を持たないと、その目的は達成できないということになる。

その反面で、バンコクは東南アジアの中でも、屈指の治安の良さと便利さを誇り、暮らしていく上でのストレスというのはかなり少ない。

そういった意味で、非常に魅力的な町だし、チェンマイがいいかバンコクがいいか、あるいはプーケットやパタヤ等、日本人が多く暮らしている町のどこがいいかというのは、好みにもかなり左右されるところにはなる。

とはいえ、利便性のみで考えれば、やはり圧倒的にバンコクが有利なのは間違いない。


医療が進んでいるという安心感

これまでバンコクで、サミティベート病院やバムルンラード病院で、治療を受けたことがあるが、どちらも高級ホテルのような豪華さで、日本語の通訳の人もいるし、安心して治療を受けることができた。

ロングステイをしていれば、体調を崩すこともあるかもしれないし、もしかしたら怪我をするかもしれない。

そういった時でも、タイであれば医療レベルは高く、新興国とは思えないぐらいのしっかりとした設備の、外国人向けの病院もあるので、そこら辺はかなりの安心感がある。

友人とフォアフィンという王室御用達のリゾート地に行った時にも、友人が体調に問題を抱えていたので、バンコク病院に行ったが、こちらには日本語の通訳が常駐しているわけではないものの、電話にて日本語の通訳をしてくれる人がいるので、言葉の壁の問題もなかった。

地方に行っても、こういったサービスを受けられるというのは、非常に大きい。

医療ということを考えると、タイは日本人にとって、とても安心な場所だし、保険なしでも医療費が安いので、ちょっとした診察とか、薬をもらうぐらいであれば、数千円程度で済んだりするので、医療費の負担が小さいのもうれしいところ。

タイの人々が、親日的であることとか、穏やかな国民性であるということも、やはりロングステイをする上では非常に大きな追い風となる。

一方で政治体制が不安定なことを問題視する人もいるが、実際のところ人々の暮らしということに関して言えば、現地に移住して暮らしている日本人の話しを聞いても、そこまで大きな影響はないようなので、個人的にはあまり気にしなくてもいいのではないかという風に捉えている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ