電子書籍プレゼント

1億円あったら移住という現実逃避



以前にメールをしてきた人で、
資産が1億円あったら移住したいという人がいた。

普通のサラリーマンということなので、
おそらくそこまでの年収はないはず。

年収1,000万ですらサラリーマンの上位1%だし、
それだって税引き前の話。

手取りは700万ぐらいになるのだろうから、
1億円貯めるのがサラリーマンにとっていかに大変か、
普通に考えれば分かる話。



1億あったらという仮定はそれだけ厳しい現実を伴う。

その時には移住するという話だったが、
きっと実現することはないだろう。

「宝くじが当たったら」
とか
「大金を拾ったら」
と言ってるのと変わらないのだから。



そもそも1億あったら海外で運用すると
年利10%なら1000万、
年利5%で計算しても500万が入ってくることになる。

日本国内なら難しくても、
海外ではこのレベルの運用成績は普通に期待できる。

それだけの収入を得る必要があるのだろうか?


資産として1億を用意するよりも、
毎月の収入を確保しながら移住するほうが現実的。

少なくても一般的なサラリーマン家庭であれば、
1億を貯めるのに何十年かかるか・・・

それよりは日本を離れても入ってくる収入を確保して、
早い段階で移住すればいいのではないかと思う。



現実に移住したければの話なので、
単なる夢物語で終わらせたいならそれでいいけど。

キリの良い数字というのは魅力的なので、
その魔力にとらわれる人は少なくない。

月収100万円とか、年収1,000万円とか。

達成したところで、大した感慨もなく日常になるだけなのに。



現実的なシミュレーションと余裕資金

1億円あったら次のステップに踏み出せると
達成可能かどうかも疑わしい展望を語る人がいる一方、
現実的に資金計画を立て、
移住先の物価や生活費を調べて計算し、
早々に移住する人もいる。

もちろんそれはそれでいいのだが、
資金がギリギリなのが望ましくないのは当然。

特にリタイアする場合には。

リタイア後に必要に応じてお金を稼ぐのは大変だし、
手に職がない場合はなおさら。

移住先によってはインフレが日常的な場合もあるし、
為替の関係で資金が実質的に目減りすることも。

たとえば、バンコクの生活費高騰に嫌気がさし、
チェンマイに引っ越した人もいる。

しかし、チェンマイも物価は上がっている。

次はどうするのか?

このような問題に直面しながら暮らすのはストレスだし、
そうならないための余裕資金は必要。

特に海外ではお金の面でジリ貧になると、
選択肢が極端に限られてくる。

そうなる前の予防策も大事だし、
結局仕事量や内容をコントロールしつつ、
そのタイミングで仕事との関わり方を調整できるのが
一番強いと感じる。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ