電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

アマンシオ・オルテガの静かな生き方に共感する

世界のトップクラスの資産家ともなると、必要以上にマスコミが煽り立てて、その素顔を暴こうとするのが通例になっている。

例えば、ウォーレンバフェットであったり、ビルゲイツであったり、日本であれば孫正義であったり、こういった人物は一挙手一投足まで注目されるので、プライベートもあったものではない。

しかしながら、世界的な衣料メーカーであるZARAを作ったアマンシオ・オルテガに関しては、全く話が別。

現役時代にはほとんど彼の素顔が明かされることはなかったし、写真すらも何十年も前に撮った白黒の写真が出回っている程度で、彼のリアルタイムの姿はほとんど報道されることはなかったらしい。

ZARAのCEOを辞任して、会社を退いてから彼の言動であったり、あるいは生活の一部が報道されるようにはなってきているということだが、世界的な大富豪になりながらも、マスコミに踊らされることなく静かに過ごすことができるのはかなり意外だった。

よほど強力な情報統制でも敷いているのかと思いきや、彼のポリシーとしてボディーガードは付けない方針をとっていたらしい。

もちろんZARAの元トップなのでマスコミにも顔が利くだろうし、そこら辺で箝口令を敷いていたのかもしれないが、それにしてもこうしたライフスタイルは憧れるところがある。

例えば、いくらサッカーなどが上手かったとしても、サッカー選手になるということは、プライバシーを放棄するということで、常にファンであったり、あるいはマスコミや関係のない一般人の視線にさらされ、Twitter等で目撃情報までつぶやかれるはめになってしまう。

そういった生き方には全く憧れないし、そういった意味で野球選手やサッカー選手になるという子供の頃にありがちな夢は、私には全くなかった。

それと同様に、上場企業の社長になってしまうと、かえって息苦しいのではないかと思っていたが、アマンシオ・オルテガの生き方を見ていると、そういったケースばかりではないことがよくわかる。

彼の場合は、基本的にメリハリのある暮らしをしていたようで、一部明かされたところによると、数十億円するプライベートジェットを持っていたり、あるいはスペインの画家の絵を大量に収集している反面で、服装はいつもシンプルで、基本的にノーネクタイであったという。

そして、地元にこだわり続けて、今も自宅はコルーニャというスペインの町にあるという。

スペインは風光明媚な町も多いし、引退してから過ごすにもいいのではないかと思う。

特に暖かい町であれば老後の体にも優しいので、そこら辺もかなりバランスのとれた生活ができるのではないかと考えている。


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事