電子書籍プレゼント

オーストラリア移住後、蟻に悩まされることに



※以下はシドニー移住者の小阪さんからの投稿

オーストラリア移住の裏話というか、在住者にとってのあるあるなのですけれども、オーストラリアは非常に虫の多い国です。

なので、ちょっとほっておくとシドニーのごみ箱には蟻が大量に溜まったり、私の友達では一日ごみ箱を置いておいただけで、蠅が卵を産んで蛆が湧いて、それがこぼれだして、蛆とキッチンで格闘した友人がいます。

あとはオーストラリアの蟻は甘いものに集まるわけではなく、水に集まってくるので、水道のところに貯まった水とか、キッチンにある水に寄ってくる傾向があります。

すごく小さい蟻で殺しても殺しても寄ってくるので、オーストラリアに住んでいる人は随分蟻に慣れていると思います。

ベッドに入ってくると噛まれたりするので、そういう対策はしておいた方がいいと思います。

日本で販売されているアリの巣コロリが効くのかどうか、私は試した事が無いので分からないのですけれども、巣ごと殺さないと、キッチンに居る分を殺しても際限なくどんどんやってきます。

蟻への対策として、まずはあまり水滴をキッチンに溜めないように頻繁に拭く事と、ごみをごみ箱に溜めておかない事、ベッド等に蟻が居ないか気を付けてみることが必要です。

蟻を殺すと、その蟻を殺した臭いでほかの蟻が集まってきたりするので、蟻が行列を作ってそれを私が殺した後に、アルコールで拭くと他の蟻が寄ってこなくなるので効果があると思います。

オーストラリアに住んでいる人は蠅にも随分と悩まされたりすると思うのですけど、虻と違って蠅はあまり危害を加えないので、オーストラリアに住んでいる外国人とか、オーストラリア人は随分慣れています。

シドニーの虫対策は、神経質気味な人は気を付けたほうがいいところです。




オーストラリアの物価の目安は?

オーストラリアの物価は、大体日本の半分ぐらいと計算しておくといいかと思います。

ただ日本と全く違うのは、タバコは異常に高いです。

日本も値段が上がってきているのですけれども、オーストラリアのタバコの値段は半端なく高いので、喫煙者の方はその辺は覚悟していった方がいいかと思います。

食べ物は日本の半分くらいと計算していいかと思います。

シドニーのアジアンマーケットなどの日本の食材は少し割高になりますが、大体普通のスーパーマーケットで野菜を買うとか、お米を買うとか、そういう場合は日本の半分ぐらいと計算していくといいと思います。

ただオーストラリアで生活していくと、日本の物が恋しくなったり、日本の物が食べたくなったりするのですけど、オーストラリアのスーパーは日本のものが随分充実していて、お米もミディアムライスというものを選ぶと日本のお米に近いです。

調味料もスーパーで売っているもので、随分応用が利きます。

一番皆で探したのは、日本のマヨネーズに近いマヨネーズなのですけれども、海外のマヨネーズはどうしてもすっぱ甘かったりするので、日本のマヨネーズに一番近いマヨネーズを求めていました。

ベストフードマヨネーズが一番近かったと記憶しています。

そうやって現地の物でまかなうようにしていくと、それほど物自体が高くないので生活しやすいかと思います。



伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事