電子書籍プレゼント

バンコクのバムルンラード病院に行ってきた



一日かけて朝から徐々に左足が痛くなってきたので、バンコクのバムルンラード病院に行くことにした。

この症状はおそらく痛風であろうことは以前の経験からも分かっている。

マレーシアのJBスペシャリストホスピタルに行った時には、血液検査をして尿酸値が高いことも確認できたし、確定診断は受けなかったものの、痛風の可能性が高いと言われた。

このまま夜中まで放置しても悪化していく一方だと思ったので、Pathumwan Princess Hotelのフロントに聞いて、近くの病院をメモしてもらい、そのメモを見せてタクシーに乗って移動をした。

スクンビット駅の近くから二駅ほど行って辿り着いた病院が、以前にバンコクで不動産投資をしたついでに視察をしてきたバムルンラード病院だった。

非常に綺麗な病院だし、下手なホテルよりもよほど豪華なロビーになっている。

今回、ここで初めて治療を受けることになったが、デスクには日本人の女性スタッフがいるので、すべて日本語で会話が成立した。

以前に視察に行った際には、日本語が出来るタイ人の人が対応してくれたが、どうやら日本人スタッフも何人かいる模様。

さらにはプライバシーの観点からなのか、カルテに写真を載せるかどうかを確認されたり、そこら辺はしっかりしていて、先進国と変わらない印象を受けた。

ちなみにこの写真を撮るためのカメラは、受付のデスクの上に乗っていて、丁度空港に設置されていることが多い、棒の上に球状のカメラが付いているもの。

これはタイのスワンナプーム国際空港でもよく見かけるものなので、旅行者としては目にする機会が多い代物だが、病院にあるのは意外だった。



日本人の医師の診察

そのまま通されて病室に行ってみたところ、医師も日本人だった。

こちらの医師はだいたい40歳くらいの男性の日本人医師で、今回は事情が事情だったので、「細かい検査はせずに薬だけ出しておきましょうか」という提案を受けて、それに同意することにした。

以前に同様の症状を経験していたので、痛み止めと尿酸値を下げる薬、それから胃薬をもらって帰ることになった。

会計が約7000円程度で、全額自費にしてはかなり安い。

ちなみにロビーには水や野菜ジュースも設置されていて、かなり居心地も良いし、バムルンラードホスピタルは病院であると言われなければ、本当にどこかのホテルか何かかと思ってしまうような環境。

そして、まだ前回日本を旅立ってから三ヶ月以内ということで、クレジットカードに付帯している海外旅行保険を使うことも出来たものの、それを使うには日本に戻って色々と書類を書いたりしなければいけないこともあり、金額も小さいので、そのまま保険は使わずに全額自費で負担することにした。

医療費と言っても7000円なので、色々と手間をかけて保険を申請するよりは、その時間を使って仕事をしたほうがストレスも少ないし、当面、日本に戻る機会もないので、お金よりも時間や労力を優先するという結論に至った。

結局なんだかんだで、クレジットカードの旅行保険を使ったことは、今までで一度もない。

とはいえ万が一のこともあるので、旅行保険の付いているクレジットカードを選んでおくのは、一つの選択ではあると思っている。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ