ベトナムではレディーファーストの習慣が根付いている


ベトナム人というのは、基本的にレディーファーストの文化が非常に根付いていて、例えばデートをする場合には、男性が女性の送り迎えをするのは当然のこととして、食事等の支払いも全て男性が行うとか、あるいは食事の時にも、サラダの取り分けとか、ワインのグラスが空いたら追加で注文するとか、そういった形で男性側が女性に気を使うっていうのが当然のこととなっている。

こういった文化というのは、ヨーロッパの一部の国においては普通であっても、アジアの中ではかなり珍しい。

日本人にとってもかなり抵抗があるようなところがあって、エレベーターやタクシー等でも、全てレディーファーストで女性を先に乗せるというのが、普通になっているので、年配の人を中心に日本からベトナムに行った人の中では、抵抗を覚えることがあると聞く。

更に言えば、女性がプレゼントをもらえる日というのも機会が多く、1年に一般的な女性であれば、だいたい4回もらえると言われている。

では、その1年に4回というのは、具体的に何なのかというと、まずは日本でもお馴染みの、2月14日のバレンタインデー、それから12月25日のクリスマス、これに加えて、日本では全く根付いていない2つの日というのがあって、それは3月8日の国際婦人の日と、10月20日のベトナム婦人の日というものがある。

これらの4つについては、誕生日と同じような感じで、プレゼントをもらうことができるので、ある意味でいうと、ベトナムというのは、女性にやさしい国であるということが言える。

ただしこれは、都市部に限った話で、農村部については全く別。

というのも、習慣的にベトナムというのは非常に男性優位の社会が作られていて、例えば、一部の地方の村では、夕食の時にテーブルを囲むのは、男性のみが許された特権となっていて、女性の場合は壁際に座って食べるというのが、古くからの慣わしであったとされている。

こういった、事情が変わっていくのはやはり都市部が最初で、農村部はどんどん遅れていくという傾向にあるのは世の常で、ベトナムにおいても、都市の特に若い世代がレディーファーストに走っているのに対して、一部の農村部については、まだまだ女性が弱い立場に追いやられているという話も聞く。

こういった違いがあるので、女性はどんどん都市に出てきたらいいのではないかと思うが、残念ながら新興国というのは、そこまで経済的な面であったり、政治的な問題だったり、様々なことがあるので、自由に移動できない国もある。

その典型的なのが中国で、生まれた町や戸籍のある町に応じて、移動できる範囲というのも決まっている。

したがって、農村部に生まれて、北京や上海のような大都市に住みたいと思っても、そういったことは許されないといった事情もある。

ベトナムにおいても、日本人のような感覚で、地方から東京に来るように、放置民に上京するということはなかなかできない。

こういった事情もあるので、都市に住んでいる女性は、ちやほやされる機会も多いのに対して、農村部ではまだまだ苦しい生活を余儀なくされている女性も多いという現状が残っている。

なお、ベトナムが譲り合いの文化が根づいているかというと、交通事情を見る限りはそうでもなく、かなり強引に主張を押し通す力が必要になる。

ハノイで道を渡るのも大変だったが、ダナンで自転車を借りて走った時、ドラゴンブリッジやソンハンブリッジがかかったハン川周辺は命の危険を感じるレベルだった。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ