電子書籍プレゼント

フィリピンの地域別BPO人気都市




ビジネスプロセスアウトソーシングはBPOと略されるが、製造業やIT、コールセンター等の様々な業務が、中国やインド、フィリピン等の人件費やテナント代を含む物価の安い国に移管されている。

かつては製造業の国と言われ、いまだにその神話を引きずっている日本においても、工場はどんどん海外に移転し、国内空洞化が叫ばれて久しい。

フィリピンはBPOにおいて世界的に人気の国で、かつてはコールセンターと言えばインドだったのが、彼らのなまりのひどい英語を嫌って、フィリピンに移ってくる企業が相次いでいる。

個人的にはそもそも、インドの会社の契約の遵守度合いにも問題があった気がする。

もちろん彼らの英語力が落とし穴になっていたのも、要因の一つであったことは間違いない。


都市別に見てみると

フィリピンにおいて、BPOの人気が高い都市がどこか?

ランキングを見てみると、世界の中でも2位にマニラが入っていて、8位にはセブがランクインしている。

そこまではとても順当というか、有名な町が名を連ねているが、それ以外にも69位にダバオ、82位にはラグナ州のサンタロサ、93位にはイロイロ、95位にはバコロド、99位バギオが入っている。

フィリピンから実に7都市が100位以内にランクインするという結果に。

前回のランキングでは、マニラは3位で、セブは変わらず8位。

さらにダバオが70位ということだった。

ここら辺の順位も顔ぶれも、ほとんど変わっていない。

これは当たり前の話で、BPOをやるためにはそれなりのインフラであるとか、人の教育とか、そういった下地が必要なので、環境が整っていない場所が突然上位に入ってきたり、逆にいきなり圏外まで飛んでしまうことは、なかなか起こらない。

企業が法人契約をして進出してくるわけなので、特に問題がなければ複数年ずっと居続けることが多いため、順位が安定するのは当たり前のことと言える。



マニラから地方へのビジネスの移動も

オフィス街のマカティに住んでいて聞いたのは、このエリアはどんどんテナント代も人件費も上がってきているので、オルティガス等のエリアにBPOを含めた産業が移っているということ。

テナント代と人件費が安いセブへの移行も進んでいるという。

日本人向けのSkype英会話を見ても、一部のサービスはマニラやセブを拠点にしてサービスを提供しているのではなくて、もっとマイナーな島でコストを安く抑えることで、驚くほどの低価格を実現している。

30分で200円を切るぐらいの料金設定は、一見異常に見える。

いくらインターネットを通じてSkypeで英会話をするため、電話代等の通信費がかからないとはいえ、それで利益が出るのかどうか疑問になってしまうほど。

しかし、何社もこの市場に参入しているということは、それだけの旨みがあるということ。

こうして国と国との間だけではなくて、フィリピンの中でもマニラからセブへ、さらにセブからダバオやイロイロやバギオなどの別の町へと産業は移動している。

高い付加価値を生みだすのにBPOは不向きだが、フィリピン人の人件費が急激に上がることもなさそうだし、当面の間、BPO先としての人気はフィリピン経済に寄与していくのだろう。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ