セブ島の物価には2つの基準が存在する



一般的な日本人からのイメージとして、セブ島は物価がとにかく安く、生活費にしろ旅費にしろ、破格で済んでしまうというイメージがある。

これはある一面では正しいし、また別の面では間違っている。

というのも、セブ島は日本とは異なる環境にあり、物価についてもダブルスタンダードが当たり前となっているため。

これは言い換えると、ローカルと外国人及びフィリピン人の富裕層という区切りともいえる。


一般的なセブ島のフィリピン人の収入というのは、だいたい1万千ペソから1万4千ペソ程度と言われる。

これは日本円にすると、3万円程度なので、それで生活ができるということは、当然ながら物価は日本よりも大幅に安いという側面があるのも事実。

ただし、実際にこちらに来てみるとよくわかるが、掘っ立て小屋やバラックといった言葉を連想してしまうような簡易的な小屋もたくさんある。

また、フィリピン人は大家族であることが基本であり、それについてはセブ島も例外ではない。

つまり多くの人が、一つの世帯で住んでいるために生活費が安く済むという側面もある。

また、生活水準は、当然ながら平均値として日本よりも遥かに低い。

こういった人たちを基準にして物価を考えてしまうと、日本人が移住してきた場合や、あるいは旅行に来た場合に、思いのほか物価が高いという印象を持つことになる。

セキュリティのことを考えても、日本人がローカルな人と全く同じ生活をするというのは困難だし、そういった生活習慣を通常は持っていないわけなので、短期であればともかく、中長期となると神経が持たないということも、多々起こってくるはず。

となるとセブ島に移住をして現地で暮らすような場合であれば、当然外国人としての暮らしが選択されるケースがほとんど。

そしてこちらのケースに関しては、セブ島という世界的なリゾート地であり、さらにビザの条件も緩い国ということで、多くの移住者や旅行者を獲得していることを反映して、物価はそれなりに高くなる。

例えばセブシティの辺りであれば、1LDKの部屋であっても、家賃が10万円ほどすることは全く珍しくない。



ホテル代にしても、海に面していない町中の中級ホテルで、6千円とか7千円が比較的安めな金額で、和食レストランに行けば、ランチであれば600円から700円程度で済んでも、夜に飲みに行くとなれば、2千円、3千円、4千円といった金額は普通にかかってくる。

これはイタリアン等でも同じことで、軽くピザとスープと飲み物を頼んだだけでも、1500円から2千円程度かかることはざらにある。

こういった所得層の分離による物価の乖離現象が起っているのがセブ島で、同様のことが多くの新興国でも見て取ることができる。


気になるリゾートの料金は?


セブに旅行に来る日本人の多くは、南国のビーチリゾートとしての姿を思い浮かべているだろう。

その場合、マクタン島の南側、シャングリラやクリムゾンリゾート、プランテーションベイ等が有名。

プライベートビーチも持っているので、リゾートとして楽しむにはこうしたホテルに泊まり、マクタン国際空港との往復以外は、その敷地内で遊ぶのが最善だろう。

なにしろ、同じマクタン島でもホテルの敷地を出るとボロボロの建物も多く、いわゆるキラキラしたリゾートとしての雰囲気はないので。

では、これらのホテルの宿泊費はいくらぐらいなのか?

季節や空いている部屋のグレードにもよるが、シャングリラなら1泊29,000円、クリムゾンリゾートなら17,000円、プランテーションベイは21,000円、モーベンピックは17,000円となっている。

これらのホテルに宿泊するのが便利だが、ホテル代を下げたいのであれば、もっと安いところに泊まってデイユースでビーチを利用する手もある。

たとえば、VANO BEACHは入場料が150ペソ。

シャングリラの場合は3600ペソ(週末は4600ペソ)でビュッフェ込み、スパ利用の場合は20%オフ。

プランテーションベイは平日が2000ペソで土日は2500ペソ(ランチ・ドリンク付き)。

これらのリゾート地の価格は新興国のホテル代の水準ではないが、同じフィリピンのボラカイやエルニドに比べれば割安感がある。


なお、セブはリゾート以外のホテルの場合、プールが付いていないことも多い。

そのため、せっかく水着を持ってきても、海に行かないと利用する場面がないことも。


セブでアクティビティを楽しむ場合には、たとえばジンベイザメと泳ぐツアーならシュノーケルを含めて8500ペソ。

熱帯魚と泳ぐことができるダイビングなら3600ペソ。

バンカーボートで近隣の島まで足を伸ばすアイランドピクニック(アイランドホッピング)なら、ランチ込みで3300ペソ。

変わったところだと、Crown Regency Hotel&Towersが提供しているスカイ・エクスペリエンス・アドベンチャーがあり、38階の建物の外側(足元はガラス張り)を命綱を付けて歩くもの。

たしかマカオタワーに似たようなアトラクションがあった気がするが、このスカイ・エクスペリエンス・アドベンチャーが550ペソ。

他にもセブではバナナボートやジェットスキー、シーウォーカー、ウェイクボード等も楽しめる。


セブ各地にあるヌアッタイ(Nuat Thai)のような街中のマッサージは200ペソ、500円程度と物価の安さが直接反映されているが、きれいなスパになると話は一変する。

たとえば、ウンディーナスパの場合、60分のコースで8000円。

CHI Spaは75分で16,000円程度で、その他有名リゾートホテルの中のスパの場合、1時間あたり3500ペス〜5300ペソが主流。


セブの夜景を一望できるマルコポーロホテルの最上階、Blu Bar&Grillで食事をすると、1700ペソ程度から。

こちらは絶景を眺めながら食事ができることで有名で、夜景を眺めながらの食事を楽しむのに最適な店の1つ。


セブは海以外の観光スポットが少なく、ITパークやアヤラモールも見どころにはなっているが、ITパークはオフィスや飲食店が集まった土地(元々は空港だった)だし、アヤラモールはショッピングモールなので、独特な観光スポットは乏しい。

やはりビーチでのアクティビティやアイランドピクニックを楽しんだり、波の音を聞きながら南国でのんびりくつろぐスタイルの旅に向いている街だろう。


典型的な外国人の生活費


では、セブ島に移住した場合に、一般的な外国人としての暮らしをした場合、どのくらいの生活費がかかってくるのか、という面から物価を見ていくと、単身者としても家賃は安くて5万円から6万円程度。

利便性が高く、綺麗な物件に住みたければ、10万円程度はする。

セブシティから離れてマンダウエに行けば、コンドミニアムの家賃は下がる。

また、マクタン島は場所による差が大きく、モーベンピックホテルの居住棟の物件も内見してきたが、手狭な1ベッドルームの部屋で家賃は45,000ペソ、10万円を少し超えるぐらいだった。

食費についても、外国人向けのレストランであれば、1食で千円程度はすると見ておいた方がいい。

と言っても実際には、セブの中心部であるアヤラモールの中にも中途半端な位置づけのレストランというのはあり、例えばスバーロ(Sbarro)というイタリアンファーストフードの店であれば、ピザ2枚を食べても500円ぐらいで済むし、フィリピン料理を出しているレストランは、綺麗なところであっても、1食700円ぐらいで済んだりとか、完全にローカルに染まらなくても、そこそこ安めの金額で抑えることも可能。

さらに電気代や水道代といったところは、日本よりは高い傾向にあり、1人暮らしの場合であれば、電気代がだいたい5千円から7千円ぐらいになることが多いかと思う。

インフラがまだまだ未整備な国なので、電気代が高いのは仕方ないだろう。

通信費に関して言うと、プリペイドのSIMカードが一般的なので、携帯電話で通話やSNSを送った分だけ料金がかかるというのが、こちらではスタンダード。

その為、電話をどのくらい使うかによって、通信費は大きく違ってくるが、SIMだけ購入しても、一定期間お金を入れないと、番号が使えなくなってしまう。

SUNやSMART、GLOBEといった通信会社によっても電話番号が無効になるまでの期間は違うが、だいたい3週間ぐらいするとプリペイドの分のお金が消滅してしまうので、あまりまとめてお金を入れてもそれはそれで使えなくなってしまう。

実感としては、日本よりも通話料金は高めという印象がある。

セブの物価が安いと言っても、インフラ系は日本よりもむしろ割高。


他にも、ローカルの店で食事をしたりする機会を設ければ、1食200円や300円で済ませることは十分に可能だし、場合によっては100円ぐらいで済む。

先日、話しをする機会があったセブ島在住の日本人は、基本的にローカルレストランで済ませているので、1食の平均の食費というのがだいたい200円から300円程度ということだった。

バナナを揚げたものであるとか、日本でもなかなか食べられないものもあるので、かなり美味しくて珍しいものを楽しめると言ってたが、毎食ローカルレストランで、1年以上飽きずにいられる人はかなりレアではないかと思うので、そこら辺はあまり楽観視しすぎない方が、長期滞在をする場合には良いのではないかという風に感じる。

ちなみに鶏の丸焼きであれば、道端の店だと180ペソぐらいで売っているので、500円もしないことになる。

マンゴーも1個60円ぐらいで売っているし、こういった一部のものを見ると、物価の安さを感じる。


セブ島の物価の安さを感じる場面


フィリピンという国全般に言えることだが、物流のコストが高いのと、インフラが整っていないこともあり、いわゆる物の価格というのは、あまり安くはない。

ここで言う「物」とは、服であったり、家電製品であったり、あるいは家具や大半の食材等。

特に家電は日本の倍近くする場合もあり、Philipsのシェーバーを買おうとして驚かされた。

結局、その時はセブから香港への旅行の直前だったので、香港の旺角で購入したが、同じPhilipsの似たようなモデルを半額以下で購入できた。


その一方で、物価が安いと感じる場合の要因としては、フィリピンの人件費のコストが大きく関わっている。

そのため、人件費がメインとなっているような状態であれば、驚くほど安く感じたりする。

例えば、マッサージであればセブなら1時間150ペソ、だいたい400円ぐらいで受けられる。

タイと違って、スウェディッシュマッサージや指圧が中心となっており、あまり痛みを感じずに施術を受けられるマッサージが多いのが、フィリピンの特長。

もちろんタイ式のマッサージを用意している店もあるので、そういったところであれば、本格的なタイ古式マッサージを受けることもできる。

他にも町中であれば、100円以下で髪を切ってくれる美容院というのも見かける。

これについては怖くて入ったことはないが、マカティに住んでいる時には、1度120円ぐらいの店に興味本位で入ったことがあった。

タオルの代わりにティッシュが首に巻かれ、そういった驚きはあったものの、意外と技術はしっかりとしていたし、とんでもない出来になるようなこともなく、意外にまともな髪型で帰ることができた。

こういった美容院に行ったのは1度きりだし、もう今後も行く予定もないが、経験としてはなかなか興味深かった。

では、ショッピングモール等に入っている、もう少しちゃんとした美容院であれば、どのくらいかと言うと、だいたい1500円から3000円程度がボリュームゾーンになる。

こちらではそこそこのランクの美容院でその金額なので、やはりここら辺も物価の安さを感じるところ。

タクシーであれば、初乗り運賃が40ペソ、だいたい100円なので、東京と比べると圧倒的に安い。

セブ島で生活をしたり、あるいは旅行に来ると、基本的な移動手段はタクシーになるが、それでも財布に優しいし、コスト的な意味でも負担はほとんど感じない。

こういった部分に関して言うと、セブ島は物価が日本よりも遥かに安い。

また、交通つながりで言えば、セブパシフィックをはじめとしたLCCを使うと旅費が安くなるが、フィリピンの航空会社のサービス水準は高くはない。

マクタン国際空港のセブパシフィックのチェックインカウンターでは、係員が荷物の預け入れに手間取り、たった9人の列なのに30分以上かかったこともあった。

セブパシフィックについては、安かろう悪かろうなところがある。


フィリピンと言えばハロハロが有名だが、こちらはセブの有名店、アイスキャッスルでも90ペソと安め。



ケーキについては東南アジアの中では安くて美味しい店が多く、アヤラモールのFudgeやMaitre Chocolatierは濃厚なチョコレートケーキ系が充実していた。


セブの物価を全体として見ると、ローカルの人を対象にした店なのか、あるいは現地の富裕層や、外国人を対象にしているのかによって料金帯は全然違ってくるし、人件費が関わってくる度合いによっても、随分と様相を変えてくるのが、この街の特長。

全体的に言うと、マニラよりもセブ島の方が物価は安い傾向にあるものの、その差はそれほど大きくなくなっている。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ