セブ島への移住費用は家賃2ヶ月分だけだった、生活費も公開


ビーチ
今回のセブ島への移住費用は、以前マニラに住んだ時と違い、驚くほど安くで済んだ。

日本国内で引っ越す場合であれば、一般的に敷金礼金と不動産会社への仲介手数料を支払い、引っ越し業者に荷物を運んでもらう場合であれば、そちらの費用も発生する。

最近だと礼金が必要のない物件も増えているとはいえ、前払いの家賃も含めるとそれなりの金額になることも多く、国内であっても近場であればともかく、いくつも県境をまたいで引っ越すような場合であれば、引っ越し業者への支払いも、それなりの出費になってくる。

さらに言えば遠方の場合、引っ越し先の物件を探すのも一苦労で、内見の際の交通費であったりとか、場合によってはホテル代を支払って不動産を見に行かなければいけなかったりもする。


今回のセブ移住については、元々住むことを決心して訪れたわけではなく、旅行のついでに賃貸物件を見て、気に入ったら住み、そうでもなければそのまましばらくセブでホテルに泊まるか、もしくは他の国に行こうと思っていた。

1年半ほどホテル暮らしをしていたので、この辺りはかなり柔軟に考えていたし、何が何でもセブに移住しようという思いがあったわけではない。

そんなこともあって、今回の移住費用に航空券代や、コンドミニアムに入居するまでのホテル代を入れるべきかどうかというところも、かなり微妙なところで、仮にそれを参入しないとすれば、前払い家賃1ヶ月と、デポジットの費用として1ヶ月分、合計で家賃2ヶ月分のみで移住できたことになる。

通常であれば、不動産会社への仲介手数料が必要になるところだが、今回はその会社の自社物件ということで、手数料もかからなかった。

デポジットについても、通常であれば退去後に戻ってくるわけだし、前払い家賃は特別な費用ではなくて、あくまでも通常の家賃を最初に払ったというだけの話なので、ある意味ではほぼ無料でセブ島に移住できてしまったことになる。


航空券代等を参入するとしても、チェンマイからセブへの航空券は片道1万5千円ぐらいだったし、そこに1週間分のホテル代を加えたのが、移住費用ということになり、どちらにしても大きな額ではない。

何よりも家具や家電が完全に揃っていて、タオルやシャンプー等のアメニティ、さらには食器や洗剤といった細かいところまで用意されていて、ホテルとほぼ同様の設備になっているため、旅行の一環としてやってきて、そのまま住み付くことができるというのは非常に便利な環境。

タオルに関しては、用意されている分だけでは足りなかったのでバスタオルを買い足したが、それ以外はこれといって何かを用意することもなく、そのまま住み始めることができる環境が整っていた。

こうなってくると、東京から福岡に引っ越す場合の費用よりも、東京からセブに移住する場合の方が、コスト的にも安いのではないかという風にすら思ってしまう。

もちろん住むためのコンドミニアムを見つけるのに時間がかかれば、その分のホテル代がかさむので逆転は十分に有り得るが、すんなりと物件を見つけることさえできれば、驚くほどコストを抑えることができる。

もちろん利用する不動産会社によっては仲介手数料等が上乗せされるので、もっと費用はかかってくるが、そこら辺もやり方次第では、低コストに抑えられるというのが、今回の経験で分かったこと。



マニラとセブの移住費用で大きな差が出た理由


日本人が移住する際にも関係のあるフィリピンの商慣習として、
小切手決済が盛んに行われることが挙げられる。

家賃も基本は小切手が支払手段となる。

セブに住み始めた時は、
すでにBDO銀行とHSBCフィリピンに口座があり、
小切手帳も発行されていた。

そのため、前払家賃は1ヶ月のみで、
残りは未来の日付の小切手を振り出しただけ。

毎月大家さんが期限が来た小切手を換金するので、
その分のお金が銀行口座から引き落とされる。

つまり、毎月銀行振込をするのと負担は変わらない。


しかし、マニラに移住した時は、
この方法を使えなかった。

これはマニラがセブと異なる環境にあるのではなく、
フィリピンの銀行の規則の問題。

外国人が銀行口座を開く場合、
フィリピンでは対象となるのは居住者のみ。

そのため、住所証明が必要書類となる。

まだ物件が決まった段階では、
住所証明となる公共料金の請求書等がなく、
口座が開けなかった。

そのため、小切手払いができず、
家賃を前払いで12ヶ月支払うことになった。

さらにデポジットや不動産会社への仲介手数料もあり、
マニラへの移住費用は家賃が15ヶ月分。

加えて航空券代やその他の雑費もかかったので、
まとまった資金が必要だった。

銀行口座がない場合、
セブでも同じことが起こる可能性は十分にある。

最終的には、不動産会社や大家さんとの交渉次第ではあるが。


セブ島の1ヶ月の生活費は?


移住当初の費用は上記の通りだが、
毎月のコストはどのくらいかかるのか?

まず、大前提として
家賃が生活費の相当な部分を占めるということ。

たとえばマクタン島のモーベンピックホテルの居住棟の場合、
スタジオタイプの部屋で月10万円程度だった。

モーベンピックホテルは海に面しており、
とても景観が優れている。

マクタン島はセブ島の一部のような扱いで、
実際2つの橋でつながっているので
すぐに行き来できる。

いわゆるセブの空港とされるマクタン国際空港も、
その名の通りマクタン島側にある。


モーベンピックホテルの居住棟はもちろん、
マクタン島の南側はビーチが広がり、
いわゆる南の島、南国の楽園の様相を呈している。

このあたりのコンドミニアムであれば、
1DKの部屋でも家賃が1ヶ月10万円を越える部屋はざら。


一方で商業エリアのセブシティも
そこそこの価格のコンドミニアムが多い。

月7万円程度の家賃から、
それなりに選べる物件が出てくる。

もっと生活費を節約したければ
セブシティとマクタン島の間にある
マンダウエを選択することが多いが、
この場合は月5万円以下の物件もあるらしい。


食費は現地の屋台のような店なら
200円ぐらいで済むことも多い。

セブシティのアヤラモールのレストランなら
一食1,000円ぐらい。


そのため、セブシティで暮らしても
月に15万円もあれば十分暮らせる。


マッサージは1時間150ペソ、450円程度からあるし、
人件費の安さは際立っているので、
やはり家賃と食費の占める割合が大きく、
その部分をどうコントロールするかで
毎月の費用が変わってくる。

なお、メイドを雇う場合、
住み込みで月3万円前後が相場。

マニラが月4万円〜5万円程度なので、
やはりセブの方が安くで仕事をしてもらえる。

とは言え、同じ部屋に同居するのは気が進まないので、
私は住み込みではなく通いで来てもらうことにした。

週に一回掃除をしてもらえるし、
フィリピン人とは思えないほどキビキビと仕事をしてくれて、
とても満足している。



大半のセブ移住者は海と無縁に暮らしている


セブと言えばビーチリゾートのイメージが強いが、
日本人が多いのはマクタン島の南側。

シャングリラホテルやクリムゾンリゾート等の
リゾートホテルが並ぶエリア。

ここに住んでいる日本人もいるが、
移住者の多くはセブシティや
マンダウエのコンドミニアムで暮らしている。

このあたりでも高層階なら海が見えるが、
いわゆる砂浜ではなくコンテナ船が行き来するような港。

華やかさや楽園の感じではない。

そもそもセブシティはマニラに続き、
フィリピン第二の商業圏。

マニラよりは自然があるものの、
街中はお世辞にも緑が豊かとは言えない。

セブシティの東側のリロアンや
西側のタリサイまで行けば事情は変わってくるが、
今度は生活の利便性に問題が出てくる。

もし美しい海に憧れて移住するなら、
マクタン島の南部を中心に物件を探すのが得策。

セブシティの物件を見て回ったところで、
人気のアヤラモールやITパークは商業施設であって
海とは無関係なので。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ