電子書籍プレゼント

チェンマイのインターネット、Wi-Fi事情について



タイの古都チェンマイに3週間ほど滞在して、ホテルも色々と渡り歩いてきたので、インターネットやWi-Fiの事情についても、ある程度理解することができた。

まずタイでは、ホテルでWi-Fiが繋がるのは当然のこととなっている。

これについてはチェンマイについても例外ではなく、私が宿泊したホテルについては、NA NIRAND Romantic Boutique ResortやRarinJinda Wellness Spa Resort、De Chai the Deco Hotel等、全てインターネットが宿泊している部屋の中およびロビーのどちらでも使えるようになっていた。

ただし、ホテルの予約サイト、エクスペディアを見ていて、一つだけWi-Fiが有料というところがあったので、一応その点についても触れておく。

ホテルのWi-Fiについては、パスワードを入れる普通の方式のところもあれば、IDとパスワードが発行されて、それを毎回入れなければならないタイプのホテルもあった。

後者の場合、使用量が無制限であれば、入力の手間以外はそれほど問題にはならないが、そうではない場合もあり、例えば3泊するのに12時間分の使用時間しかないとか、そういった場合もある。

こうなると、途中で突然インターネットが使えなくなってしまうという事態に陥るし、あるホテルではIDとパスワードは、部屋番号等を基本にしたものを使いまわしているが、ホテル側のシステムでそれぞれの部屋番号に対応しているIDを有効にしたり、期限切れにしたりという操作をしていて、ホテル側のミスでたびたび使えなくなったことも。

それについて、部屋にある電話からレセプションに連絡をして、システム上で調整して復旧させたと言われても、数時間にわたって使えなかったことが2度あり、これについてはだいぶうんざりとした。


Wi-Fiのスピードについて

ホテルについてはかなり当たり外れがあり、1日の中で毎日1回か2回は繋がらなくなるホテルもあった。

スピードについてもかなり変動が激しいところもあれば、映画を見ることができるぐらいのスピードが安定的に出ているようなホテルもあった。

こういったことを考えてみると、例えばタイの首都のバンコクと比べても、チェンマイのインターネットのスピードは特に遅いとは感じなかった。

さらに言うと、マッサージ店やレストランでも、Wi-Fiが使えるところもある。

大型ショッピングセンターのMAYAでも、全てのフロアかどうかはわからないが、少なくともレストランが入っている4階については、Wi-Fiを繋ぐことができた。

今回、チェンマイ滞在中にキンドル本を5冊ほど買ったのだが、ホテルでiPadをWi-Fiに接続して、キンドルで購入した本をダウンロードしようとしたところ、発行されているIDとパスワードでは1台の端末しか使えないことがわかり、すでにパソコンを接続していたために、iPadをホテルではネットに繋ぐことはできなかった。

その時に、MAYAのMIYAZAKIという鉄板焼き屋に行って、そこで食事をしている間に、5冊のキンドル本を無事にダウンロードすることができた。

基本的にチェンマイのWi-Fi事情は悪くないし、外国人が多い町なので、そこら辺については、不便がない環境が整えられている。



おしゃれでWi-Fiが使えるカフェも充実


チェンマイの中心部は交通量が多く、
高層ビルこそ立ち並んでいないものの
ゴミゴミした印象は拭えない。

しかし、カフェについては緑が多かったり、
開放的なデザインになっていることが多く、
おしゃれな店を数多く見かけた。




そして、Wi-Fiは当たり前に使えるため、
ホテルでネットにつながらない場合も大きな支障はなかった。

こうして次善の策があるのは心強い。


こちらはチェンマイのMAYAモールにある
コワーキングスペースに近いカフェ、CAMP。





なお、中心部から西側に逸れたところには
うさぎカフェがあるのを偶然見つけた。

入り口はファンシーな雰囲気が漂っていた。



ただし、うさぎは庭で放し飼いにしているため、
店内で涼んでいる時には触れ合えない。

チェンマイは年中外は暑いので、
そこは少々難点。

もちろんこのうさぎカフェもWi-Fiがつながった。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事